折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

x 日記 映画

それがOKならこの世はハッピー ―映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」

2013/04/04

ミッドランドスクエアシネマで「ダイ・ハード/ラスト・デイ」を観る。今回のマクレーンは、運が悪いというか、自分がトラブルメイカーというか…。ま、ボクは人生で初めてこのシリーズを観たので、ほかの作品との比較はできないんですが。「これはダイ・ハードじゃない!」っていう人もいるのかな。ボクはおもしろかったです。でもね…というところもひとつ、ありましたが。

映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」オフィシャルサイト

久しく会っていなかった息子ジャック(ジェイ・コートニー)がロシアでトラブルを起こした上に、ある裁判の証人となったと知らされた刑事ジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)。身柄を引き取りに現地を訪れた彼だが、そこでテロ事件に巻き込まれてしまう。相変わらずの運の悪さを呪いながらも、混乱状態に陥った状況下でジャックと再会するマクレーン。しかし、なぜか親子一緒に次期ロシア大統領候補の大物政治家、大富豪、軍人らが複雑に絡む陰謀の渦中へと引きずり込まれるハメになり……。

引用元:映画『ダイ・ハード/ラスト・デイ』 - シネマトゥデイ

いろんなものが派手にぶっ壊れていきますよね。車とか、建物とか。間一髪で逃げるところもあって、その割には大怪我しないなあと思ったんだけど、それがダイ・ハードシリーズですよね。

物語は「親子」っていうキーワードからも読み取ることができて、さすが長い間続いているシリーズだという気はする。ただ、いくらダイ・ハードでも、後半は「それはちょっと…」と思うところがあった。

いや、それは別にリアリティを求めているわけじゃないんです。そんなこと言ったらこの作品は成り立たないもの。なので、この部分についても目をつむっていた方がいいのかもしれない。でも、どうしても気になってしまいました。

あるシーンで、あることをして、あるものを身からはずした時に「えっ、そんなんできるの? それ、くれっ!」って思ったんですよ。日本にあったら、問題が全部解決してしまうもんね。もちろん映画の中なのでそういう展開になってもいいんですが、やっぱりね、どうしてもね…。

でも、アクションシーンは楽しめました。これまでの4作はどういう巻き込まれ方をしたのか、観てみようかな。

-x, 日記, 映画