折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

名古屋グランパス

グランパス対ガンバ戦を実況。差があったのは試合運びか

2016/09/19

グランパス対ガンバを実況。チーム力の差が試合運びに出てしまった。

豊田スタジアムで、Jリーグ、名古屋グランパス対ガンバ大阪を実況。エフエムとよた(ラジオ・ラブィート)の「GRAMPUS BEAT」で生放送されました。

J2降格危機のグランパス。前節はリーグ戦19試合ぶりの勝利。きょうも勝って連勝を…と、サポーターも気合いが入る。選手がスタジアムに入ってくるのを待って、お出迎え。

選手の到着を待つグランパスサポーター

試合は1対3で、グランパスが敗れる。ミスからの失点。ボールを取られてそのままゴール、というシーンが続いた。

この状況ではどういう行動がベストか、ということが判断できているとよかったな、と思う。リードしたガンバは試合終了間際、時間をゆっくり使ってた。ガンバのキーパーの東口選手、早くボールを取ればいいのに全然取らない、とか。

でも、リードしていればそれが当たり前。なにもリスクを犯す必要はない。そういう試合運びが勝ち点を取るには大事だ。

この試合のグランパスは、この状況でこれをやっちゃいけないということが起こってしまい、失点につながってしまった。なかなか勝てないと、いつもならできることもできなくなってしまうのか。

ただ、ガンバ相手に何もできなかったということはなかったのが救い。あとは勝つことだけだ。勝てれば堂々と、自信を持ってプレーできると思うから。

-名古屋グランパス
-,