折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」を観て、マッドマックスだなあと思った

2017/01/04

109シネマズ名古屋で「バイオハザード:ザ・ファイナル」を観る。まるで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のようだった。

「バイオハザード:ザ・ファイナル」サイトトップページ

映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』 | オフィシャルサイト | ソニー・ピクチャーズ

アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、レッドクイーンから48時間後に人類が滅びると告げられる。そして、宿敵アンブレラ社が放った膨大な数のアンデッドが地上を占領。アリスはラクーンシティに戻って、生還したクレアやコバルトらと合流し、アンブレラ社の心臓部であるハイブを潰そうとするが……。

引用元:映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』 - シネマトゥデイ

すっかり変わった世界、それを驚異的な能力で生き延びるアリス

アンデッドを観てて思った。これ、元は人間だったり動物だったりしたんだよなあ、と。生き残っている人間は世界で数千人。対するアンデッドは数億規模。これで人類が生き延びられるのは、確率的に難しい。

でも、そこはアリス。驚異的なバトル能力でアンデッドたちを倒していく。それはもう、何が起こっているのか分からないくらい。

まるでマッドマックス 怒りのデス・ロード」のようだ!

そして、この世界を観ていて思ったのは、まるで「マッドマックス 怒りのデス・ロード」だということ。アンデッドを引き連れてラクーンシティに向かっていく様子とか、ラクーンシティからガソリンを撒くところとか。まあ、マッドマックスではガソリンではなく、水だったんだけどね。秩序のない世界を具現化すると、ああいうイメージになるのかなあ。

終盤で感じた、アリスへの母性

アリスがアリスである理由も明らかになった。ボクはどこか、母性のようなものを感じたな。女性は男性とは違うところをみている、というか。このシリーズ、時間があったらもう一回みなおしてみようかな。

-映画
-,