折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」にいたのは、職務に忠実な男たち

ミッドランドスクエアシネマで「ブリッジ・オブ・スパイ」を観る。ヒーローはいない。いたのは、職務に忠実な男たちだ。

「ブリッジ・オブ・スパイ」サイトトップページ

映画『ブリッジ・オブ・スパイ』オフィシャルサイト 大ヒット上映中

アメリカとソ連の冷戦のさなか、保険関連の敏腕弁護士ドノヴァン(トム・ハンクス)は、ソ連のスパイであるアベル(マーク・ライランス)の弁護を引き受ける。その後ドノヴァンの弁護により、アベルは死刑を免れ懲役刑となった。5年後、アメリカがソ連に送り込んだ偵察機が撃墜され、乗組員が捕獲される。ジェームズは、CIAから自分が弁護したアベルとアメリカ人乗組員のパワーズ(オースティン・ストウェル)の交換という任務を任され……。

引用元:映画『ブリッジ・オブ・スパイ』 - シネマトゥデイ

ヒーローはいない、職務に忠実な男がいたのだ

この中にヒーローがいるかというと、ボクは誰もいないと思ったよ。それは、ドノヴァンは自分の仕事をしただけだから。アベルもそうだし、パワーズもそう。自分の職責をきちんと果たした男たちの物語だ。

職責を果たすことで、周りからは冷たい視線を浴びることだってある。それでも自分の職責を果たすことができるのか。

今はネットがあるから、どこからどんな意見が飛んでくるか分からない。匿名である意見は、時にして無責任。そんな意見に心が折れそうになることだってあるだろう。

ドノヴァンの交渉術は観ごたえあり

ドノヴァンの交渉術にも注目。決して高圧的になることはなく、柔らかい物腰で相手の懐に入っていく。彼でなければ、こんなタフな交渉はできなかっただろうな。

サッカー選手に例えたらこんなタイプ

どっしりと構えるセンターバック。

-映画