折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「デッドプール」は、アメリカン変態仮面のようだ

2016/06/15

109シネマズ名古屋で「デッドプール」を観る。魅力的なキャラクターだ。あと2時間観ていたかった。

「デッドプール」サイトトップページ

映画『デッドプール』公式サイト

ウェイド・ウィルソン(ライアン・レイノルズ)は、以前は優秀な特殊部隊の傭兵(ようへい)として活躍していたが、今は悪者を気まぐれに痛めつけては金を稼いでいる。すっかり正義のヒーロー気取りの彼は恋人との結婚も決まり幸福の絶頂にあったが、いきなり末期ガンだと診断される。とある組織にガンを根治できると聞いたウェイドは、彼らに同行して人体実験を受ける。

引用元:映画『デッドプール』 - シネマトゥデイ

アメリカン変態仮面、見参!

観始めて思った。これは「アメリカン変態仮面」だ。マスクをかぶっているとどこか似ているような気もするし、アクションのひとつひとつを観ても変態仮面の動きのようだ。

デッドプールも変態仮面も、両方観た。デッドプールはふざけていくけど、変態仮面は真面目にやる。それが変態仮面のコメディっぽさになってるんだけど、デッドプールっぽく、もっとふざけてもいいかもしれないね。

なんか、好感もてるね。世のため人のために戦うっていうことではなく、自分のことが大事っていうヒーロー。そりゃ、あんなことされた後は、ああいう行動をとるよ。そこへ「世のため人のために闘え」って言われてもねえ…。

闇を抱えているから、おバカも愛おしい

ヒーローになるつもりはなかった彼が、なぜデッドプールになったのか。その作品はそこも描いている。こんな闇を観ちゃうと、あれだけおバカなことをしていても許せてしまう。

どうしてもおバカなノリを観ちゃうけど、印象に残ってるのはウィルソンが恋人に話しかけようとするも、ためらってしまうシーン。あの演出はせつなかったなあ。

あっという間だったね。彼の悪ノリをもっと観ていたい。あと2時間あってもよかったな。

サッカー選手に例えたら、こんなタイプ

フィールドを狭しと駆け回るミッドフィールダー。前線との呼吸が合えば強い。

-映画