折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

「ガールズ&パンツァー 劇場版」はオールスターゲームのような多幸感!

2015/12/25

109シネマズ名古屋で「ガールズ&パンツァー 劇場版」を観る。初めてこの世界に触れても分かるよ! これがオールスターゲームだってことが!

「ガールズ&パンツァー」サイトトップページ

ガールズ&パンツァー(GIRLS und PANZER)|公式サイト

第63回戦車道全国高校生大会で頂点へ上り詰めた大洗女子学園に、平穏な日々が戻ってきた。ある日、大洗町でエキシビションマッチが開催されることになり、大洗女子学園は知波単学園と混成チームとして出場し、聖グロリアーナ女学院・プラウダ高校混成チームと対戦する。選手たちは戦いを通じて友情を育む中、生徒会長の角谷杏が急用で学園艦に呼び戻され……。

引用元:映画『ガールズ&パンツァー 劇場版』 - シネマトゥデイ

全くの初めてだった「ガールズ&パンツァー」の世界。そういう人にどう説明するかってのが劇場版で表現しなきゃいけないポイントのひとつだと思うんだけど、こういう見せ方はいいよね。いさぎよい。

さすがシネコンで観るとすごいな、と思ったのは音響。自分の左側の後ろから砲撃音が聞こえた時にはビックリした。戦車に徹底的にこだわっている作品。むしろこれじゃなきゃ「ガールズ&パンツァー」じゃないんだろうね。

そして、初めて世界観に触れるボクでも「これはもうオールスターゲームじゃないか!」と思うくらいの豪華さ。これでもか! というくらいキャラクターが出てくる。あんなに出てくると、初めて観るボクでもワクワクする。

本編は一瞬も休む暇もなく、怒涛のテンポで進んでいった。もう少しじっくり観たいと思ったけど、これでいいのだ、これはオールスターゲームだから。お祭りなんだから。

-映画