折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

日記

ラジオでしゃべることが、また面白くなってきた

2016/06/13

今、ラジオでしゃべることがまた面白くなってきています。今までも面白かったんだけど、それとは違う面白さ。

今までボクがラジオでしゃべってきたのって、ほとんど家内制手工業。選曲や構成、タイムキープなど、全部ひとりでやるタイプのもの。

野球中継の後のクッション枠、が多いですからね。中継が延びてきたらその時間が短くなるから、何分あるかは中継が終わってみないと分からない。

ひとりでしゃべるから、自分の意のままにトークをコントロールすることができる。でも、愛知県東海市と知多市をエリアにしているコミュニティFM、メディアスエフエムで担当している番組には相手がいるんです。

トークの引き出しがボクとはやっぱり違うからね。掛け合いのトークをして、ボクはいわゆる「普通のこと」についてはなんにもしゃべれないんだなあ、って思ってます。

まあ、同じ方向を向いているだけでは、掛け合いのトークの意味もなくなっちゃうからね。番組が始まって2ヶ月半、トークの視界が、今までとは逆の方向にばーっと広がっている感じがしています。


BRUTUS (ブルータス) 2014年 3/15号 [雑誌]

-日記