折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

シネマサッカー2015年ベストイレブン

きょうのメディアスエフエムの番組で、2015年に観た映画でベストイレブンを選び、発表しました。これまでも「最強映画ベストイレブン」という形で「2012個人的最強映画ベストイレブン」「2014オリデ的最強映画ベストイレブン」と記録を残しております。

去年の10月から、番組で「シネマサッカーベストイレブン選出委員会」というのを月に1回のコーナーで放送しています。そこでタイトルを「シネマサッカー2015年ベストイレブン」として、今回も選びました。

今年観た映画は、58作品。そのリスト

ボクが2015年に観た映画は58作品でした。そのすべての感想を残しています。これだけでもなかなかのものです。

シネマサッカー2015年ベストイレブン

2015年のベストイレブンは、こうなりました。

  • GK ジュラシック・ワールド
  • DF 海にかかる霧
  • DF きみはいい子
  • DF 野火
  • DF セッション
  • MF 海街Diary
  • MF ワイルド・スピードSKY MISSION
  • MF マッドマックス 怒りのデス・ロード
  • MF 味園ユニバース
  • FW キングスマン
  • FW スター・ウォーズ/フォースの覚醒

大作だけではバランスが取れない。バランスが難しかった2015年

去年は全体として大作が多かった印象でした。ランキングをつければ上位に入ってきそうな「007 スペクター」や「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション」「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」がベストイレブンに入らなかったあたり、監督としての難しさがあります。

スパイものである「キングスマン」と「スペクター」と「ローグ・ネイション」のうちの1本を選ぶとなると、ボクは「キングスマン」です。英国紳士のカッコよさを改めて見せてくれたところがよかったんですよね。

その「キングスマン」と同じフォワードに選んだのが「フォースの覚醒」です。でも、本当は両方とも、一列後ろにしたかった。

ツートップの一列下のミッドフィールダーに「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を選びました。 観終わって「なんかすごいものを観た…」と放心状態になりました。

ミッドフィールダーの中でもボランチとしてのポジションを任せるのは「ワイルド・スピードSKY MISSION」です。ラストシーンはやっぱり泣けますね。

ミッドフィールダーの右サイドは「海街Diary」で、左サイドは「味園ユニバース」です。「海街 Diary」は、観終わって「あの四姉妹をいつまでも見ていたい。なんだったらあの街に住みたい!」って思える作品でした。「味園ユニバース」は渋谷すばるサンの「古い日記」独唱のシーンのインパクトですね。

ディフェンダーの右サイドが「海にかかる霧」で、 左サイドは「セッション」です。「海にかかる霧」は「この先どうなっちゃうんだ ろう」とずーっと思ってました。「セッション」はやはり、クライマックスのドラムプレイですね。

センターバックに「きみはいい子」と「野火」を置きました。「きみはいい子」は高良健吾さんの演技が素晴らしかったですね。そして「野火」の観終わった後に残る何かは大作に負けないものです。

ゴールキーパーは「ジュラシック・ワールド」です。フォワード陣やミッドフィールダー陣とは違うタイプの大作を置くことで、守備的にもバランスを取りました。

2015年はどちらかというと攻撃的なイメージかな。それだけ得点力のある、つまり観ごたえのある作品が多かったってことです。よかったらレンタルで観てみてください。

-映画