折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「日本で一番悪い奴ら」は、コミカルだけど怖い部分を描いている

2016/07/07

109シネマズ名古屋で「日本で一番悪い奴ら」を観る。テンポよく、ジェットコースターのように進むストーリーに時々笑う。それに隠れている、社会の闇は笑えない。

「日本で一番悪い奴ら」サイトトップページ

映画『日本で一番悪い奴ら』 | 大ヒット上映中!

柔道で鍛えた力を買われて、北海道警察の刑事になった諸星要一(綾野剛)。裏社会に入り込んでS(スパイ)をつくれという、敏腕刑事・村井の助言に従い、Sを率いて「正義の味方、悪を絶つ」の信念のもと規格外の捜査に乗り出す。こうして危険な捜査を続けていった諸星だったが……。

引用元:映画『日本で一番悪い奴ら』 - シネマトゥデイ

成り上がりっぷりは痛快!

諸星が成り上がっていくのを観てるのは痛快。そうか、こうやれば仕事が取れるんだね、と思うくらい。ちょっと参考にしようかと思ったよ。

でも、その成り上がり方には無理がある。それを象徴するシーンもあるんだけど、あれ、人ごとじゃないわ…。

ひとりの男の影に隠れている、とんでもない実態

ひとりの男をものすごいスピードで追いかけていく。テンポよく観られるんだけど、その影で実は、とんでもないことが描かれている。この作品は事実を基にしたフィクション。数字を追いかけるのは警察だけじゃないから、こういうことが行なわれているところもあるんだろうなあ。

あのカット、名古屋だ! 使われて、ちょっと嬉しい

北海道の話だけど、この作品の中でワンカット、名古屋の風景が映った。北海道の風俗街、というイメージで使われたんだけどね。確かにあそこは映画にも使える場所だ。

サッカー選手に例えたら、こんなタイプ

調子に乗っていると怖いフォワード。得点能力は高い。ボールを持った時、何かをしてくれそうな期待が高まる。

-映画