折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「信長協奏曲」のキャラクターたちに惚れ込んだ!

ミッドランドスクエアシネマで「信長協奏曲」を観る。軽い気持ちで観に行ったら、なかなかの人間ドラマじゃないですか! 惚れたね。

「信長協奏曲」サイトトップページ

映画『信長協奏曲』公式サイト

戦国時代にタイムスリップした歴史が苦手な高校生サブロー(小栗旬)は、自分と顔が酷似した織田信長(小栗旬)と遭遇する。武将の座を投げ出したいと考えていた彼と入れ替わったサブローは、知らず知らずのうちに史実の信長と同じ道を突き進んでいく。安土城を築き上げ、妻・帰蝶(柴咲コウ)から慕われ、恒興(向井理)をはじめとする家臣からの信頼が厚いサブロー。明智光秀を名乗って生きる信長は、そんな彼に嫉妬し、憎しみを抱くように。やがて信長は、本能寺で帰蝶との結婚式を挙げるサブローを亡き者にしようとするが……。

引用元:映画『信長協奏曲(のぶながコンツェルト)』 - シネマトゥデイ

いつの間にか向井理と小栗旬を置いておきたい感覚に!

恒興、そばに置いておきたいですねえ。あんな整った顔立ちの部下がいるなんて。眺めてて飽きないよね。その点で言えば、信長もそばに置いておきたい。だって、向井理と小栗旬ですよ! 中華だしやほんだしで料理を作ってくれそうじゃないですか!

なんて錯覚してしまうくらい、イケメンを観ていて飽きない作品。そして、帰蝶。芯の強さと可愛さがあって、これだけを観ていても飽きない。観ていて飽きないキャラクターばかり。なんかもう、信長を超える存在であの世界にいたいね。合戦は嫌だけど。

人間ドラマにも興奮!

キャラクターだけじゃなくて、戦国武将の思惑が交錯するドラマも観ごたえがあった。そのあたり、戦国時代を描くドラマの魅力でもあるよね。

3人いる脚本陣に西田征史さんの名前があって、え、書いてるんだと思ったり、音楽がm-floの☆Taku Takahashiさんで、さすが戦国時代の風景に溶け合うエッジの効いた音楽をぶつけるなあと思ったり、ボクはスタッフロールでも楽しめました。

サッカー選手に例えたらこんなタイプ

攻撃をつなぐ、サイドミッドフィールダー。後半のスタミナがなくなってしまうのが玉にきず。

-映画