折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「パトリオット・デイ」で感じた、テロと戦う大きな力

2017/06/17

109シネマズ名古屋で「パトリオット・デイ」を観る。テロ犯を追い込んだのは、見えない大きな力だ。

「パトリオット・デイ」サイトトップページ

『パトリオット・デイ』絶賛公開中!

予報が当たらないと話題の気象予報士・重一郎(リリー・フランキー)は、さほど不満もなく日々適当に過ごしていた。ある日、空飛ぶ円盤と遭遇した彼は、自分は火星人で人類を救う使命があると突然覚醒する。一方、息子の一雄(亀梨和也)は水星人、娘の暁子(橋本愛)は金星人として目覚め、それぞれの方法で世界を救おうと使命感に燃えるが、妻の伊余子(中嶋朋子)だけは覚醒せず地球人のままで……。

引用元:映画『パトリオット・デイ』 - シネマトゥデイ

日常から一変、そこが怖い

テロを起こした犯人を徹底的に追い詰めるサスペンス……という内容ではない。それは、観始めて何分経ってもテロが起こらないことで気がついた。

徹底的に、市民の日常を描いている。こちらはテロが起こっているのが分かっているから「この人たちがテロに巻き込まれてしまうんだな……」という、なんとも言えない気持ちになる。

そういうことなのだ。日常が一変、恐怖になってしまうのがテロなのだ。テロ前の日常を描くことで、それを描いているのだ。

犯人が捜査内部では特定できた。ならば早く発表しよう。いや、できない。それはなぜ? その理由が示されて、そうか、情報を出した後の世間へのインパクトまで考えているんだな、と。

これ、一方では情報の隠蔽って言われちゃうんだろうな。このあたり、情報を出すことの難しさを感じる。受け取る側が冷静に判断できればいいんだろうけど、そうはいかないだろうからなあ……。

力対力が最後に勝つもの

テロを起こした犯人を捕まえる。そのために大きな力を使うことになる。時には武器を使い、犯人を殺傷する。それって、暴力には暴力ってことにならないか?

ボクのその疑問を解消してくれるセリフがありました。正義がどう、というのは難しいけど、そこに「愛」があるかどうか、なんだな。

テロ現場で市民がメッセージを寄せる。そこには、犠牲になった人への哀悼の意と、テロに負けないというメッセージが込められている。そういったものも「愛」のひとつなんだろうな。

自分の身の周りにこういうことが降りかかったら……って思ったよ。テロの現場に居合わせることになってしまったら。

そこから逃げることができるだろうか。どうやって逃げるんだろう。身を低くしながら? 周りに負傷者がいたら、どうやって助ける? いや、このシミュレーションは全部、自分がケガをしていない前提だぞ。そんなにうまくいくはずないじゃないか。

戦場でもない限り、自分がそんなことになるなんて思っていない。そこを突くのがテロで、それに負けないようにするのが、日常を送っていた人たちのパワーであり、愛なんだなあ。

-映画