折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

日記

少年野球のプレーオフ、初めての実況。それは野球のものとは違う

2017/02/06

はじめてのプレーオフ体験。普段の少年野球とは違った頭での実況。そして雨で、大会は順延。

愛知県豊田市のケーブルテレビ局、ひまわりネットワークで生中継された軟式少年野球大会。雨の中、準決勝と決勝の試合予定が組まれていました。

準決勝第1試合は、時間切れでプレーオフ。試合時間が1時間半を超えて次のイニングに入らない、という大会ルール。

プレーオフは、ノーアウト満塁、4番からの攻撃となる。実況してて思ったのは、これは野球ではなく、サッカーのPK戦のイメージだ。

表のイニングで何点取るか、裏のイニングでそれを上回る点を取ることができるか、というのは、後から攻撃する方のプレッシャーが大きくなる。

ノーアウト満塁という場面で、どう攻撃するか。単打でつなぐのか、長打を狙うのか。長打が出て大量得点になれば、決まっちゃうしね。

2点差がついても分かりません、このあともノーアウト満塁から始まりますから、みたいな実況をしながら進むプレーオフ。先攻の優位さ、後攻にあるサヨナラの可能性、そんなことを考えると興奮する。

選手たちはあまりないことに、緊張したのかと思いきや、このルールで戦った経験があるとのこと。それなら変に力が入ることはなかったのかな。

準決勝第2試合は、雨が強くなり3回終了、ノーゲーム。決勝戦も含めて、来週に順延となりました。

豊田市運動公園野球場、大会は雨天順延

-日記
-,