折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

目を奪われたのは、なぜかミカサとハンジでした ― 映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」

2015/09/30

109シネマズ名古屋で「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド」を観る。前半を引っ張ったのはミカサ、後半はハンジだな。ボクの見立ては。

「進撃の巨人」サイトトップページ

映画『進撃の巨人』公式サイト

100年以上ぶりに現れた超大型巨人に多くの人間が捕食され、生き残ったエレン(三浦春馬)は調査兵団の一員として外壁修復作戦を決行。しかし巨人に襲われてしまい、アルミン(本郷奏多)をかばったエレンは巨人に飲み込まれてしまう。その直後、黒髪の巨人が出現し、ほかの巨人たちを攻撃するという謎の行動を見せる。人類の存続を懸けて彼らは巨人たちと戦い続けるが……。

引用元:映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』 - シネマトゥデイ

映画「進撃の巨人」の観どころって、人間が巨人を襲うところだよね。前篇を観た時の感想も「怖いなあ」って思ったもの。

映画「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の違和感は人間にあるのかもしれない

今回、ようやくそのシーンが出てきて「待ってました!」と思ったくらい。いや、ひょっとしたら声に出してたかも。そのくらい待ちかねてたんですよ、ボクは。

「この世界の謎は分かったから、早く巨人をっ! 巨人を見せてっ!」って思ったのは、やっぱり前後篇になってしまったからなのかなあ。

前後篇の2本にする作品って、たまに見かけるけど、1本にすることはできないのかねえ。3時間半くらいになってもいいからさ。「進撃の巨人」は、前篇が1時間38分で、後篇が87分くらい? 合計で3時間5分…え、意外と短い! それ以上に感じてた。

でも、ミカサの表情が何かを訴えてくれてるからいいんだよね。アップになるたびに違う表情を観ることができてよかった。

石原さとみサンが演じるハンジも、どんどんテンションが上がっていったねえ。最後なんてもう、行くとこまで行っちゃってる。「これは男の子へのサービスショットかっ!?」をいうカットもあって、よかったですよ。武器と女性っていうのは、本能的に男ごころをくすぐるのかねえ。

前後篇合わせて1年くらいしか撮影期間がなかったらしい。そんな短期間で仕上げたんだ! もしディレクターズカット版ができるなら、それでも観たいな。

-映画