折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「スター・トレック BEYOND」の、こちらを引き込むクルーの力よ!

2016/11/05

109シネマズ名古屋で「スター・トレック BEYOND」を観る。これだこれだ、このクルーの魅力がスター・トレックなんだよね。

「スター・トレック BEYOND」サイトトップページ

スター・トレック BEYOND | 公式サイト | 10月21日(金) 全国ロードショー

カーク船長(クリス・パイン)率いるエンタープライズ号は、未踏の星に不時着した探査船を捜索していた。すると突然、謎の異星人・クラール(イドリス・エルバ)がエンタープライズ号を襲撃。カークたちは脱出するも、艦は墜落し、クルーは散り散りになってしまう。不時着した見知らぬ惑星で、カークは約100年前に消息を絶ったエディソンが乗艦していたフランクリン号を発見。そこには、あるものが残されていた。

引用元:映画『スター・トレック BEYOND』 - シネマトゥデイ

墜落するエンタープライズ号! まるでクルーのように観ていた

ああ、素晴らしきエンタープライズ号のクルー! そして、次のキャリアを考えるカーク船長とスポック。このお話を進めていくにあたっての下地づくりがテンポよく進められていく。

そして、墜落するエンタープライズ号と散り散りになるクルー。自分もクルーだと思うくらい、この作品に一体化していたボクは、ここで「ああ…」という気分になる。さようなら、エンタープライズ号…!

というように、序盤でスッと世界観に入ることができて、その状態で最後までいくあたり、さすがスター・トレックというべきか、J・J・エイブラムスの構築力か。この、自分がエンタープライズ号のクルーになった感じは前作も体感したなあ。

悪の置き方が複雑なのは、現代だからか…

しかし、本当に現代は悪役を置きづらい。タイムボカンシリーズの悪役みたいに、単に悪いだけじゃ時代に合ってないんだよね。 今回のストーリーも、敵が絶対悪には見えなかった。

キャラクターの魅力が勝っていて、ストーリーがぼんやりと感じられたのは、そのせいなのかな。複雑な時代だねえ…。

サッカー選手に例えたら、こんなタイプ

きっちりとやるべきことをこなし、試合でもきっちり仕事をするフォワード。

-映画
-, ,