トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.022~028

      2013/08/24

No.028 「できるかな」のノッポさんはしゃべったことがある(番組評価 99/100へえ)

…知ってるっちゅーねん!見たっちゅーねん!ビデオとったっちゅーねん!ツメ折ったっちゅーねん!このトリビアがこんな高い評価を受けたことに納得いきません。それならば「後番組の『つくってあそぼ』のわくわくさんの後ろ髪は番組当初は今より数センチ長かった」の方が高い評価を受けるでしょう。…え、マニアックすぎて驚きもないって?…あ、そう…。とにかく、このトリビアの評価は0!

折出の評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.027 太刀魚は立って泳ぐ(番組評価 93/100へえ)

…だから「タチウオ」って言うんじゃん。ボクが見た出典は学研まんが「名前のひみつ」。今こういうまんがって本屋で見かけることなくなったんだけど、ひっそりと売ってるんでしょうか。それより、福島県では「サワベル」とも呼ばれ、これは洋刀のサーベルからきていることの方がボクのインパクトは大きかったです。そのぶん評価高。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.026 警視庁のマスコット、ピーポくんにはテーマソングがある(番組評価 71/100へえ)

このテーマソングは2002年2月に採用されたということ。採用されてまだ半年くらいしか経っていないということに「へえ」。さらには、Aメロの「ピーポ ピーポ ピーポくん 警察官だよ」なんて、童謡の「アイアイ」そっくり。でも、ピーポくんの職業って明確に決まってないんでしょ?格好は警察官だけど。いきなり間違ってるじゃん!

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.025 アンデスメロンの「アンデス」とは「安心です」の略である(番組評価 91/100へえ)

南米のアンデスとは何の関係もないらしいです。ちなみに、プリンスメロンは1962年、当時の皇太子の御成婚を記念して発売、マスクメロンはムスク(麝(じゃ)香)の様な香りがすることからその名前がついたということです。なーんか、ちょっとしたクイズ本に載ってるような感じ。いやいや、それがトリビアなんです!

折出の評価 ★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.024 タモリとみのもんたは同じ誕生日である(番組評価 79/100へえ)

同じ8月22日。六星占術では絶対的な権力を求める傾向にあるらしい、ということを紹介した後に、番組に出演していたはしのえみが「お二人ともお昼の王様ですからね」というコメントには脱帽。いや、うまいとかそういうことじゃなくてその頭の回転の良さにね。番組では足利義満も同じ誕生日って言ってたけど、ここで足利義満と菅野美穂は六星占術によると絶対的権力を求める傾向にあることが判明したわけです(菅野美穂は俺的トリビア)。

折出の評価 ★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.023 モスクワにはヤキマンコという場所がある(番組評価 74/100へえ)

…定番すぎる。ヤキマンコが出てきたら、バヌアツのエロマンガ島、オランダのスケベニンゲン、バリ島のキンタマーニ、等々はセットで覚えるでしょう、普通は。しかし、人はいくつになってもこういうトリビアには敏感に反応するもんだなあ。出演者の荒俣宏はロシアのエロチンコってところに行ったことがあるらしいし。(追記:この部分、「オーストラリアのエロマンガ島」と書いてあったんですが、World Crystal さんから「オーストラリアじゃなくてバヌアツじゃなかった?」というご指摘をいただきました。調べたところ、エロマンガ島はバヌアツにありました。で、エロマンガという地名もオーストラリアのクイーンズランド州南西部にあります。この2つを混同してました。World Crystal さん、ありがとうございます)

折出の評価 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.022 LION のロゴを逆さまにすると「NO17」になる。さらに LION は「NO17」を商標登録している(番組評価 78/100へえ)

昔、折出がまだ企画会社にいた頃、新商品のネーミングを決めるときに名古屋の商工会議所に行ってすでに商標登録されていないかどうかを調べに行ったことがあります。普段使っているネーミングが「権利」として保護されていることに面白さを感じたものですが、そのときに「LION」と「NO17」が並んで登録されていたような記憶がかすかにあるようなないような…。ま、このトリビアを見たときに新鮮さがなかったんで、きっとどこかで見たんでしょうね。

折出の評価 ★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.001-101