トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.029~035

      2013/08/24

No.035 映画実写版ゴルゴ13でデューク東郷は高倉健だった(番組評価 75/100へえ)

なるほど。ここでふと。実写版ヤッターマンができるとしたら、ボヤッキー役は高田純次でしょうか。

折出の評価 ★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.034 国道には途中で階段になっているものがある(番組評価 90/100へえ)

青森の国道339号線、階段国道なんて名前がついているようです。役人が視察せず、階段になっていることを知らなかったということで、昔も今も役人のすることは…と思ってしまった次第で。ちゃんとしようよぉ。仕事なんだからぁ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.033 東京無線のタクシーにはあんどんの先がカットされているものがある(番組評価 52/100へえ)

ガード下をくぐるために。東京にはかなり低いガードがあるんですね。さらにそこに車が通ってるんだからすごいところだよ。自分とこの常識が相手の非常識、ってことはよくあるけど、これなんかこの典型だね。

折出の評価 ★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.032 アメリカにはホワイトハウスがあるがアルゼンチンにはピンクハウスがある(番組評価 91/100へえ)

アルゼンチンの大統領府、Ca sa Rossada 。ピンクの家という意味らしいけど、いきさつが「へえ」。アルゼンチンには「エデラーデス(赤の党)」と「ウエタリオス(白の党)」という二大政党があって、1873年にまとまろうとしたときに赤と白を混ぜたピンクにしたということ。なんて壮大な歴史的背景!

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.031 水虫という虫がいる(番組評価 73/100へえ)

ハラグロコミズムシという水中で生活している虫。体長は5~6mmの小さい虫です。では、「ハラグロコ」の部分はどうなるんでしょう。厳密には水虫という名前の虫ではないような気がするんだけど…。

折出の評価 ★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.030 藤圭子は林家パー子の妹弟子だった(番組評価 85/100へえ)

えっ、そうなの!それはぜんぜん知らなかった!二人とも石坂まさをという人に師事したらしい。いやいや、どこでどうつながってるか分からないもんですね。ま、だからどうだっていう話なんですが。これ以上話広げようとしても無理です。これぞトリビア。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.029 18世紀ミイラは汽車の燃料に使われていた(番組評価 97/100へえ)

石油も本をただせば死がいなんだから、ミイラが燃料になるのも考えてみればあり、なんだろうけど、何かねえ…。そのほか、肥料や薬、絵の具なんかにも使われていたらしい。高貴な人のものの方が松やにが使われてよく燃えたそうな。リサイクル、と言われれば、まあそうなんだろうけど、やっぱなんか引っかかるものがあるなあ。

折出の評価 ★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.001-101