トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.251~257 トリビアの種No.016

      2013/08/23

No.257 桃太郎は桃からではなく桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんの間に生まれた(番組評価 72/100へえ)

すげえ!もともとは桃から生まれた話じゃなかったんだ!桃太郎は室町時代から語りはじめられ、江戸時代前期に完成したと考えられています。宝暦3年(1753年)に書かれた「桃太郎物語」では「桃を食べて若返ったおじいさんとおばあさんの間に生まれた」という話でした。ところが、明治20年(1887年)に桃太郎の話を国定教科書に載せる際に現在知られている「桃から生まれた」という話に変更されたんです。その理由としては、子供に「どうして桃太郎は生まれたの?」と聞かれたら困るからだということらしいんだけど…。こうやって書き換えられた物語が他にもありそうですね。この手のトリビアが紹介されると面白いんだけどな。あ、桃太郎侍も桃から生まれたことにはなってないわけだ。うん、あれは時代劇だよね?桃から生まれたことになったのは明治時代だから、江戸時代に「桃から生まれた、桃太郎」なんてセリフは生まれないんだ!

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.256 寅さんで有名な渥美清の命日に柴又で寅さん帽子を被ったハニワが出土した(番組評価 45/100へえ)

映画「男はつらいよ」は昭和44年(1969年)から平成8年(1996年)の27年間で全48作品が制作、上映されギネスブックにも登録されている長寿シリーズです。全48作で延べ7957万3000人の観客を動員しています。東京都葛飾区柴又を舞台にした作品で、中折帽を被った姿が有名な主人公の「フーテンの寅」こと車寅次郎は俳優渥美清の代名詞ともなりました。そんな渥美清が亡くなった1996年8月4日からちょうど5年目の2001年8月4日に柴又の八幡神社で帽子を被った寅さんハニワが出土しました。このハニワは学術的には「下総(しもうさ)型人物埴輪」と呼ばれている6世紀後半のものであるとされ、高さは約35cm。首から上はほぼ無傷で発見されています。「男はつらいよ」の山田洋二監督もこのハニワを見てそっくりだとビックリしたそうです。命日に柴又で見つかったというのが神秘的でいいですね。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.255 ジョギング健康法の提唱者はジョギング中に亡くなった(番組評価 52/100へえ)

1970年代のアメリカでは肥満による成人病が社会問題化していました。雑誌編集者のジェイムズ・F・フィックスさんは30代半ばで97kgまで太ってしまい、思うように体が動かないことにショックを受けジョギングを始めました。一日も休まず毎日15km以上、週平均130km走り続け30kg以上の減量に成功!そして1977年、その体験をまとめジョギングのよさを紹介した「奇蹟のランニング」を出版し全米で100万部を超えるベストセラーになりました。本を出版した後もフィックスさんは走り続けますが、1984年バーモンド州の国道脇で心臓発作を起こし、心筋梗塞で亡くなってしまいました。ジョギングにとり憑かれた人の生涯とも言えませんか?彼は自分が絶対と信じたもので命を落として幸せだったのか否か?ちょいと哲学っぽいにおいがしますな。とにかく、ジョギングは健康な人にとっては最高のエクササイズです。本格的に始めようと思ってる人はまず健康診断を受けましょう、と番組では言っておりました。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.254 タイ航空にはファーストクラスより上の「お坊さんクラス」がある(番組評価 80/100へえ)

その「お坊さんクラス」では誰よりも先に機内に乗り込み、お坊さんの周りには誰も座らせず、誰よりも先に食事をとり、誰よりも先に機内を下りるんです。これはタイのお坊さんには守らなければならない227の戒律があり、その中の「婦人の体に触れてはいけない」「婦人に淫らな言葉をかけてはいけない」「婦人を誘わない」という戒律をお坊さんが破らないよう、一般の女性との接点を少なくするための措置です。座席の周りに人を座らせない理由も同じです。さらに「昼12時から翌日の夜明けまでの間は食事を取ってはならない」という戒律もあり、その時間にあてはまるフライトの場合は、お坊さんの戒律を守るために他の乗客よりも早く機内食を出す、ということです。夕方や夜のフライトの時はお坊さんに飲み物しか出しません。他の国のお坊さんがタイ航空に乗ったとしても227の戒律の中で修行を積んでいないため、一般客と同様に扱われ優遇されることはありません。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.253 通天閣は昔パリの凱旋門とエッフェル塔をくっつけた形をしていた(番組評価 67/100へえ)

むかーしむかしの明治44年(1911年)、大阪一の資産家土井通夫(どい・みちお)氏が大阪市天王寺区の南部一帯を「理想的娯楽園」にしようと考えたそうな。そのシンボルとして「通天閣」の建設を開始し、明治45年(1912年)7月3日に完成したそうじゃ。当時としては東洋一の高さだった75メートルの巨大な塔で、「通天閣」の「通」の字は土井通夫氏の名前から取ったんじゃな。派手好きだった土井氏は建築家が出してきたデザインを「インパクトがない」とことごとく拒否したんじゃ。そして、土井氏自らが言った「凱旋門の上にエッフェル塔を乗せろ」という一言でこのデザインに決まったということじゃ。しかし、昭和18年(1943年)、戦争のため鉄が不足し初代通天閣は解体され溶かされてしまったんじゃ。現在の通天閣は昭和31年(1956年)に再建された2代目ということになるわけじゃな。今も残ってれば「オーロラ輝子」の頭に違ったものが乗ってたかもしれんのお。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.252 「黒ひげ危機一髪」のもともとのルールは飛ばした人の勝ち(番組評価 80/100へえ)

おお、そうそう!そんなこと書いてあった!「黒ひげ危機一髪」は玩具メーカーのトミーが昭和50年(1975年)に発売した大ヒット玩具で、現在でも毎年約10万個売れています。そもそもこのゲームのストーリーは、敵に捕まってたるの中で縛られている海賊を救出するため、短剣を刺しロープを切って助け出すというものなんです。ところが、昭和51年(1976年)から昭和60年(1980年)に放送されていた「クイズドレミファドン」のプレゼントコーナーで「飛ばした人の負け」というルールで使われたために、このルールが一般に広まることとなりました。最初は「黒ひげを飛び出させた人が勝ち」となっていた説明書も「勝ち又は負けです(プレー前にルールを決めましょう)」「飛び出した人が負け」と変わっていきました。確かに1977年10月9日放送分では、三笑亭夢之助が「飛ばしたら今までに刺した短剣の数に応じた点数がなくなる」と説明しています。…え?三笑亭夢之助?江藤博利じゃなかったの?飛び出した時の数に応じてプレゼントが決まって、黒ひげ人形をおたまでキャッチできなかったらプレゼントはなし、残念賞の「ぬかよろこび」がもらえるっていうルールだと思ってたのに!そのルール、2代目なんだ!

折出の評価 ★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.251 鈴虫の鳴き声は電話では聞こえない(番組評価 82/100へえ)

あらあ、これ、意外と初耳って人多かったなあ。ま、早く知ったか遅く知ったかの違いだけで、早く知ってたからってちーっとも偉いってわけではないけどね。だからこそ、トリビア。一般の電話・携帯電話・国際電話など全ての電話が通す音の周波数の範囲が300Hz~3400Hzであるのに対して鈴虫の鳴き声は4000Hzなので、京都の鈴虫寺の鈴虫の鳴き声が電話の向こうの相手に聞こえることはないんです。鈴虫のほかにもコオロギの鳴き声の周波数は5000Hz以上、キリギリスの鳴き声は9500Hz以上なので電話では聞こえません。さらにセミの鳴き声・風鈴の音・イルカの鳴き声なども電話では聞こえません。

折出の評価 ★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.016 電車の吊り革が耐えられる重さはおよそ380kg(番組評価 八分咲き)

電車の車両にぶらさがっている吊り革。さて、この吊り革、一体何キロまで耐えることができるでしょうか。実際に人間がぶら下がって計測しようとしてもそんなにぶら下がることができません。そこで一体10kgのマネキンを用意して、その手首をワイヤーで固定して吊り革の手掛け部分に掛けていきました、数メートルの高さで。結果はマネキンを39体ぶらざげたところでベルトが切れ落下。マネキンは粉々になったのであります。吊り革のベルト部分の材質はポリエステルを布状にしたものに塩化ビニルをコーティングしたもので、色や形は会社によって異なりますが、素材は同じものを使用しています。実験に使ったマネキンは新品で購入すると約10万円しますが、今回は廃棄直前のものを使用し、使用後は廃棄しました。えーと、どこだったかな、大阪だったかな…。吊り革のベルト部分に四角いプラスチックの直方体の物体があって、その両面に広告がついてるのを見たことあります。見慣れてなかったんで、ちょっとビックリ。ラッピング車両って外側に広告があるけど、その逆みたいだなあって感想。逆ラッピングバス、ですか。もちろん、ぐるーっと広告で包まれてるわけではないけどね。あ、実験を車内で試さないようにね。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.207-308