トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.266~273 トリビアの種No.018

      2013/08/23

No.273 用心棒は戸を押さえるつっかえ棒の事である(番組評価 33/100へえ)

もともと「用心棒」というのは江戸時代に人が勝手に入ってこないよう用心するため戸の内側からかませたつっかえ棒のこと。それ以外にも、この棒を泥棒を追い払うために使ったり自分の身を守るために持ち歩いて使ったりしていました。それが転じて、万一の場合に備えて雇っておく腕の立つ浪人や武芸者の事を言うようになりました。当時はすでに人に対して「~坊」という言葉を使っていたため「ようじんぼう」を用心「坊」のように解釈するのも違和感なかったんです。ま、これは今でも「暴れん坊」を「暴れん棒」のように使ってる輩もいるからね。「実はアタシ、夜が暴れん棒です」。これをこのトリビアのオチにしときます。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.272 「ワン」と鳴くカエルがいる(番組評価 57/100へえ)

長野県の南西部の川の上流に生息しています。タゴガエルの一種ではないかと考えられていますが、染色体の数がタゴガエルよりも2本多い28本あるため新種の可能性もあり、現在研究中です。子犬のような鳴き声です。ニャーと鳴くネコガエルもいるし、こうなりゃ「ケロ」と鳴く犬や猫が発見されるのも近い?

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.271 小便小僧がおしっこをしているのは爆弾の導火線の火を消すため(番組評価 77/100へえ)

小便小僧の名前はジュリアンといい、14世紀にブリュッセルに実在していた人物です。当時ベルギー政府は反政府軍のテロに悩まされていました。反政府軍が首都ブリュッセルに爆弾を仕掛けたときにジュリアンは導火線の火を小便で消します。後に反政府軍は鎮圧され、ジュリアンのような勇気ある少年を多く育てたいという願いから、1377年小便小僧はつくられました。作られた当時はおしっこは出ていなかったんですが、1619年に破壊された小便小僧を修復する時に制作者が「偉業をちゃんと伝えたい」ということで、おしっこの出る像に改良されました。でも、今の爆弾の導火線は火が非常に消えにくい構造になっています。おしっこでは火は消えません。真似しないように。ところで、ブリュッセルの小便小僧には726種類の衣装があります。その衣装を着せることができるのは代々小便小僧博物館の館長だけで、小便小僧の体に触れていいのも館長だけです。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.270 峰不二子のスリーサイズはすべてゾロ目(番組評価 72/100へえ)

「ルパン三世」は昭和42年(1967年)から「漫画アクション」で2年間連載された後アニメ化もされました。峰不二子は時には味方、時には敵として活躍する素晴らしいプロポーションを持ったヒロインで、漫画連載の第3話から登場しています。プロフィールは漫画連載時には設定されていませんでしたが、アニメーションになったのをきっかけに国籍は日本、年齢不詳、身長167cm、体重50kg、ヒップ88.8cm、ウエスト55.5cm、バスト99.9cmと設定されました。スリーサイズがすべてゾロ目なのは作者のモンキー・パンチさん曰く「覚えやすいから」、名前は机の前の富士山の峰がきれいな写真を見て「あ~、ミネフジコでいいか」と1分もしないで決めました。…ま、そんなもんですか。ところで、ここまで「みねふじこ」をタイプするときに何回「むねふじこ」と打ったか…。だってぇ、miの「i」とmuの「u」は隣同士なんだもん!それでも意味通じるのはおもしろい。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.269 天気予報の「177」は昔大隈重信の自宅の電話番号だった(番組評価 61/100へえ)

市外局番も市内局番もない時代のお話です。日本では明治23年(1890年)東京と横浜で電話事業が創業されました。料金は1年間かけ放題!でも市内電話が35円(現在の約59万円)市外電話が40円(現在の約67万円)。この価格だから当然加入する人も少ないよね。明治23年に日本で初めて発行された電話帳「電話加入者人名表」には「177」の大隈重信のほかに土佐藩士で大政奉還に強い影響を与えた後藤象二郎が「247」、現在の郵便制度の基礎を作った前島密が「248」が載っています。当時は申し込み順だったので大隈重信はたまたま「177」に当たったということで意味はありません。ただ、天気予報が「177」になったのは「テンキニナレナレ=177」という理由からです。10927070。ボク、ポケベル世代。今の携帯で打つメールも、わざわざポケベル打ちで「11」が「あ」、「12」が「い」、「13」が…って打ってる人いたなあ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.268 卒塔婆専用のプリンターがある(番組評価 96/100へえ)

卒塔婆とは死者の死後の幸福を祈って墓石に立てる戒名やお経などたくさんの文字が書かれた板で、両面に梵字・経文・戒名・没年月日などが記してあります。知り合いにお寺関係がいないのでホントに「ボクの知らない世界」なんだけど、お盆やお彼岸では3000本以上の卒塔婆を書かないといけないので準備に約半年かかるんですね。それだけあれば誤字や脱字も出てくるでしょう。そこで登場したのが、「TTN」という寺院向け商品の製造・販売会社が販売を開始した卒塔婆専用プリンター「おとば用人(ようにん)」。平成13年(2001年)8月販売で、価格は税抜きで39万8000円。これを使えば半年かかっていた準備が約1週間程度で準備できます。さらに平成14年(2002年)8月には「おとば用人II」が登場。プリント速度が約1.5倍速くなり、プリントできる卒塔婆の長さも3尺(約1m)までだったものが7尺(約2m30cm)まで対応可能になってます。いや、卒塔婆書きに悩んでる人は、これ絶対買うわ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.267 真珠はあさりでもできる(番組評価 68/100へえ)

真珠は貝の身の中に異物が侵入した刺激で分泌される炭酸カルシウムのかたまりです。養殖の真珠は一般的にアコヤ貝から作られますが、条件を満たせばあさりでもできます。ただ、人工的に作るとなると4~5年はかかってしまいます。まれに自然の状態のあさりに真珠が入っていることがありますが、ほんとにまれなことです。あさりにできる真珠は2mmくらいの大きさで、輝きはありません。また、宝石としては1円の価値もありません。一生に一度くらいはあさりの真珠に当たること、あるかな?あさりの真珠は強く噛むと砕けてしまうので、探すときは力を加減して噛むのがポイントですよ。

折出の評価 ★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.266 水戸黄門は思春期の頃かなりグレていた(番組評価 60/100へえ)

水戸黄門こと徳川光圀といえば徳川御三家の水戸藩を治めた藩主で、徳川家康の孫にあたります。その頃の様子は、光圀の教育係小野角右衛門の書物「小野諫草(おのいさめぐさ)」、光圀の侍医の一人、井上玄桐の書物「玄桐筆記(げんとうひっき)」などに書かれています。「小野諫草」には「本格的にグレていたのは15~18歳の頃」とあります。今で言うと中学生くらい。この頃金八先生はいませんからね。ていうか、金八先生そのものがドラマの人物なんで、もともといないんだけど。とにかく、思春期の光圀は派手な格好をして悪友達と勝手気ままな行動をくり返していました。その他にも町人たちの相撲大会で、光圀の悪友たちがことごとく負けると腹を立てて刀を振り回し、相撲大会を台無しにしています。ワガママです。ガキ大将です。ジャイアンです。さらに遊廓に上がって遊ぶようになると、弟たちをつかまえてあれこれいやらしい話をしては教育係を困らせていました。そんな光圀は18歳の頃、中国の歴史家・司馬遷の「伯夷伝(はくいでん)」という史記を読み、兄弟の家督相続を譲り合う内容に大変感銘を受け、自分の身勝手な行動を悔い改め更正しました。でも、想像だけど、ワルの気持ちが分かるからこそあれだけの大きな人物になれたんだと思うよ。

折出の評価 ★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.018 シャーペンの芯が折れて飛ぶ速さは高橋尚子がマラソンで走る速度と同じ(番組評価 五分咲き)

動態力学から分析すると、芯が最も速く飛ぶには芯をシャーペンが向いている方向に押し付けながら手前の方に引く力を加えて折る方法です。また、芯の長さは短いほど軽くなるので速く飛びます。今回の実験では一般的な形のシャーペンと使用頻度が高いHBの芯を使いました。さらにどこに芯が飛んでも分かるように白いセットを使い、折る動作も均一の力がかかるように垂直多関節ロボットを使用。芯が飛んでいく様子は180分の1秒の瞬間も撮影できるスーパースローカメラで撮影しました。その撮影によると、折れた瞬間から180分の1秒で飛んだ距離は2.9cm。ここから速度を計算すると時速18.79kmになります。これに近いのが、女子マラソンの高橋尚子選手がベルリンマラソンで出した記録の2時間19分46秒で、時速にすると18.11kmです。実験の際は折れた芯が目などに入らないように。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.207-308