トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.385~391 トリビアの種No.035

      2013/08/23

No.391 手塚治虫は松本零士にチョコレートうどんを食べさせたことがある(番組評価 80/100へえ)

松本零士さんが上京して間もない昭和31年(1956年)、手塚治虫さんが松本さんを家に泊めたとき、手塚さんはいたずらで松本さんにチョコレートが入ったうどんを出しました。松本さんは当然だまされているのではと思ったんですが、手塚さんのチョコレート好きを知っていた松本さんは、手塚さんならいつも食べているんだろうと思ってそのうどんを平らげました。手塚さんのアシスタントにも「嫌だったら食べなくてもいい」と言われていたのに…。ところが、松本さんは当時貧乏で食べ物であれば何でも食べていたので、味はおいしかった記憶があるそうです。さらに食べ物を出してくれた手塚さんには感謝しているそうです。断っておきますが、当然味はまずいですよ。ところで、手塚さんのいたずら好きは有名で、トイレのスリッパにかりんとうを置いて人の反応を楽しんでいた、なんてこともあります。さらに、手塚さんのチョコレート好きは有名で「チョコレートを買ってこないと原稿を書かない」と編集者に夜中買いに行かせたこともありました。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.390 清少納言は股間を丸出しにして女であることを証明した事がある(番組評価 76/100へえ)

これは平安時代の歴史書である「故事談」という作品に書かれています。寛仁元年(1017年)、清少納言は朝廷での務めを引退し、出家して尼となり兄の清原致信(きよはらのむねのぶ)の家に身を寄せていました。その年の3月、致信と敵対する源頼光が暗殺者を送り込み一家を惨殺します。その時、清少納言は僧の姿をした男の兵士と勘違いされ暗殺者に襲われました。切り殺されそうになった清少納言は着物の裾を広げ、股間を暗殺者たちに見せつけました。当時パンツなんてないですからね。当然「ある」と思っていた暗殺者は「ない」ってことが分かったんで、女性の殺生はしないとして引き上げました。いやいや、これ、けっこう冷静な判断だと思うよ。追い詰められてそんな判断できますぅ?

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.389 食用のミドリムシパウダーがある(番組評価 82/100へえ)

このパウダーは培養したミドリムシを遠心分離器にかけて沈殿したものを乾燥させてできたもので、このパウダーをさまざまな料理に入れることで栄養価を高めることができます。ミドリムシは、各種ビタミンやミネラルを多く含んでいて、血圧の上昇を抑える効果やコレステロールの吸収を抑える効果などがあります。そこで、大阪府立大学の中野長久先生の恩師の北岡先生が、温室ガスを減らすこととと食糧不足に備え、商用化の研究の一環として数十年前に作られました。また、ミドリムシは40%という高い濃度の二酸化炭素の中でも生きることができる唯一の生物で、一度に大量の二酸化炭素を吸収し酸素に変える能力を持っています。そのため、ミドリムシは現在の地球温暖化の原因でもある二酸化炭素の過剰な放出を解決するほどの可能性を持っています。水と太陽光だけで大量に増殖させることができるので、コストもかかりません。ミドリムシは地球を救う…か?

折出の評価 ★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.388 香港の結婚披露宴は開始直前までマージャン大会が行われている(番組評価 66/100へえ)

香港の人はマージャンが大好きで、小さい頃からなじみのあるものです。誰でも親しんでるものだからこそ、「ま、ま、ひとつマージャンでも…」ってな感じで披露宴の式場で始めて出会った人との交流を深めるためにマージャン大会が行われます。集まるのも披露宴が始まる2~3時間前からです。会場に準備されたマージャン台で行われます。この台は新郎新婦の判断で準備されますが、ほとんどの新郎新婦が準備します。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.387 ケニアの小学校では「はとぽっぽ」が振りつきで歌われている(番組評価 90/100へえ)

ケニアで使われている音楽の教科書の最後には日本の歌として「はとぽっぽ」が振りつきで載っています。詳細は分かりませんが、現地の人によると「曲が簡単だからではないか」とのことです。それだけ親しみやすい歌だということですね。詩が日本語で意味が分かりにくいため、ケニアの人は振りをつけて意味を理解しながら歌っています。「ぽっぽっぽ はとぽっぽ」では両手を胸で交差させます。この動作は鳩に対して「攻撃しませんよ」という意味です。そして「まめがほしいか そらやるぞ」であ豆をまく動作をし、「みんなでなかよく たべにこい」では手を広げに広げます。この動きは「全ての鳩さんいらっしゃい」という意味です。詳しい振り付けはケニアの人に聞いてみてください。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.386 甲子園球場のアルプススタンドの下には昔温水プールがあった(番組評価 70/100へえ)

これは阪神電鉄の社史「輸送奉仕の50年」に書かれています。大正13年に甲子園球場が建設された際、当時球場を中心にスポーツやレジャーの施設が多く作られていきました。昭和7年(1932年)に3塁側のアルプススタンドの下に作られた競泳用プールもそのひとつとして作られました。当時としては珍しい浄化・殺菌装置を持つ最先端の設備で、太平洋戦争中にはそのプールで軍艦や潜水艦の水中レーダーの研究が行われていました。現在は室内練習場になっています。なお、昭和13年(1938年)には甲子園球場にジャンプ台が設置され全日本スキージャンプ大会が開催されました。さらに、超人オリンピックの試合がラッキーゾーンで行われたこともあります。…これ、事実だけどマンガの世界の話ですよ…。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.385 部屋を貸しただけでノーベル賞を受賞した人がいる(番組評価 83/100へえ)

その人の名は生理科学者のジョン・J・R・マクラウド。1876年スコットランド生まれで、1923年に血糖降下作用を持つ物質「インスリン」の発見でノーベル生理学医学賞を受賞しました。ところが、実際にインスリンを発見したのは別の人です。マクラウドとともに1923年にノーベル生理学医学賞を受賞した生理学者のフレデリック・E・バンティングです(1891年カナダ生まれ)。この話は1921年のこと。当時トロント大学の教授で糖尿病の権威だったマクラウドのところに町医者のバンティングがやってきました。バンティングはマクラウドに「犬のすい臓から糖尿病を防ぐ物質を抽出したいので研究生にして欲しい」と申し出ます。しかし、マクラウドはこれを断ります。それは紹介者もなく、また糖尿病の権威である自分に対してまだ誰も成功していない実験をしたいと言ったことに腹を立てたからです。しかし、バンティングがあまりにもしつこく食い下がるため、マクラウドは自分が夏休みで留守にする2ヶ月の間に実験を終わらせ立ち去る条件でバンティングに実験室を貸しました。マクラウドがバカンス中の間、バンティングは寝る間も惜しみ実験に没頭しました。2ヶ月後、戻ってきたマクラウドはまだ実験室にバンティングがいたことに激怒しましたが、実験に成功したと聞くと、一転してその成果を褒め称えました。マクラウド、お調子者です。さらに、マクラウドは発見したその物質を「インスリン」と名づけその結果を自分の手柄のように学会に報告しました。翌年の1923年、マクラウドは20世紀最大の発見と全世界から賞賛を受け、バンティングと共にノーベル生理学医学賞を受賞しました。でも、マクラウドがこの業績に対して貢献したことは、帰省の間バンティングに実験室と助手、それに犬数匹を貸したことと、バンティングの提案した「アイレスチン」という名前を「インスリン」とラテン語読みにしたこと、さらに「実際に発見したのは助手だが、自分の指揮・管理の下で発見した」と自分の手柄のように学会に報告したことです。でも、やっぱり大学内で事情を知ってる人も多いですから、マクラウドは周りからの冷ややかな目にいたたまれなくなり、トロント大学を出て行きました。その後のほとんどの医学辞典の「インスリンの発見」にはマクラウドの名前はなくバンティングだけが載っています。でも、インスリンをいち早く大量精製させ糖尿病患者に投与し治療の効果を確認した功績はノーベル賞に値するという声もあります。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.035 日本のまわりの海で1番しょっぱいのは東シナ海(番組評価 九分咲き)

海水はそれぞれの海によって味が違います。では、日本の周りのどこの海が一番しょっぱいんでしょうか。そこで日本の領海12海里(沿岸22キロ)の地点で各海の海水を採取することにしました。塩辛さの判定人は、1995年最も権威のある世界最優秀ソムリエコンクールで日本人唯一の優勝者である、世界ナンバーワンソムリエの田崎真也さんです。以下はそのデータです。

東シナ海(沖縄県那覇港から沿岸22キロの地点)
天候晴れ 気温19℃ 水温18℃ 風速5.1m 波の高さ1.5m
田崎さんのコメント「ミネラルっぽいというか、潮風と同じような香りがする。普通にしょっぱい」

瀬戸内海(広島県福山港から瀬戸内海中心部の地点)
天候くもり 気温7℃ 水温10℃ 風速2.6m 波の高さ0.5m
田崎さんのコメント「瀬戸内海の島々の緑と海とのコントラストみたいな印象の香りが感じる。しょっぱい」

太平洋(千葉県銚子沖22キロの地点)
天候晴れ 気温13℃ 水温15℃ 風速7m 波の高さ3m
田崎さんのコメント「後半になってじんわりと塩辛みが広がってくるという感じ。やっぱりしょっぱい」

日本海(秋田県秋田港から沿岸22キロの地点)
天候雨 気温1℃ 水温9℃ 風速4m 波の高さ5m
田崎さんのコメント「第一印象はやっぱりしょっぱい」

オホーツク海(北海道網走港から沿岸22キロの地点)
天候晴れ 気温-10℃ 水温-2℃ 風速2m 波の高さ1m
田崎さんのコメント「すごいしょっぱい。寒い」

…しょっぱい、だけかい!まあ、それだけ微妙な判定だったということですね。それでも田崎さんは東シナ海、太平洋、日本海、オホーツク海、瀬戸内海という順に塩辛さの判定をしました。科学的な目で見てみましょう。塩分測定装置の結果は東シナ海(3.49%)、太平洋(3.40%)、日本海(3.39%)、瀬戸内海(3.33%)、オホーツク海(2.95%)の順でした。4位と5位が入れ替わってるだけです。これは、しょっぱさを感じるのは塩分濃度が高いというわけではなく、甘味成分のアミノ酸などが多く含まれる場合、甘味が塩味を隠してしまうためしょっぱさが感じにくくなるからです。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.309-399