トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.408~414 トリビアの種No.038

      2013/08/23

No.414 折り紙の金色は銀色の折り紙の上にオレンジ色を塗っているだけ(番組評価 80/100へえ)

金色・銀色の折り紙は専門の工場で作られています。折り紙だけでなく、銀色のものにオレンジ色を塗れば金色になる…ということで、シドニーオリンピック女子ソフトボールで銀メダルを取った石川多映子さんの銀メダルを借りて金になるかどうかを試してみたところ、見事金メダルになりました。…こういうのは個人的には好きじゃないんだけど…。ボクはどうしてもアスリートに対して敬意を払いがちになるんで。自分ができないことに対する尊敬の気持ちなのなかあ。もちろん、金メダルは元に戻して銀メダルにして返しました。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.413 ルパン三世と峰不二子の子供がいる(番組評価 90/100へえ)

昭和50年(1975年)に新しい少年誌が創刊されることになったとき、その本の編集長が「少年用のルパンを書け」と、自ら書いた台本を持って作者のモンキー・パンチさんの元を訪れました。モンキー・パンチさんはルパン三世に子供がいるという設定が嫌だったので始めは断りましたが、当時はまだ新人で断りきれず、いやいや連載を引き受けました。なお、連載していた少年誌が1年半で廃刊になったため、この「ルパン小僧」と言うマンガは18話で終了しています。モンキー・パンチさんはその時は本当に嬉しく「これでもう描かなくて済む」と思ったそうです。子どもなので「ルパン四世」になるんですが、そんなことは考えたこともないそうです。そのくらい嫌だったみたいです。ヒットしたマンガのその後の世界、というか世代交代が進んだ世界のマンガが多くなった中、ルパン三世の子供が活躍することはなさそうです。もしできたとすると、銭形警部の子どもが出てきて、次元、五エ門、不二子の子どもが出てきて…。あ、キャラクターなーんにも変わんないや。

折出の評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.412 福沢諭吉は夏になると全裸で暮らしていた(番組評価 76/100へえ)

福沢諭吉自身が書いた「福翁自伝」に「夏は真実の裸、褌も襦袢も何もない真っ裸」と書かれています。安政4年(1857年)夏の大阪でのことです。福沢諭吉は24~25歳のころ、蘭学者の緒方洪庵が開いた適塾に住み込んで勉学に励んでいました。当時諭吉は塾の2階で塾生40~50人と共同生活をしていましたが、塾生部屋では他の塾生と一緒に全裸で過ごしていました。ただ、裸でいたのは2階の塾生部屋にいるときだけで、食事をするときや勉強するときなどは服を羽織っていました。ただ、やっぱり裸で過ごしているとありがちなアクシデントもあったようで…。そんな夏のある夜諭吉が2階で寝ていると、1階から諭吉を呼ぶ女性の声が聞こえてきました。そのまま真っ裸で1階に降り、「うるさい、何の用だ」と怒鳴ろうとしたんですが、その女性は女中ではなく緒方洪庵の奥さんだったんです。諭吉が困ってもじもじしていると、奥さんは何も言わす引っ込んでしまいました。諭吉は翌朝お詫びしようと思ったんですが謝るに謝れず、そのまま何事もなかったかのように勉学に励んだのでした。こういうことは、双方が何事もなかったかのようにふるまうということが多いということが、ボクの周りの経験者に対して行ったヒアリングの結果証明されています。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.411 ゴリラの学名は「ゴリラ ゴリラ」(番組評価 77/100へえ)

一般に使っている動物の呼び名は、学名ではなく「和名」といわれているもので、学名はまず「属名」を名詞で書いて、次に「種小名」というその種の特徴を表す形容詞かそれに相当する言葉を書きます。ゴリラは属名が「ゴリラ属」で種小名も「ゴリラ」であるため、学名は「ゴリラ ゴリラ(Gorilla gorilla)」ということになります。これは霊長類の標本についてまとめられた「カタログ・オブ・プライメイツ」にきちんと記されています。さらに細かく言うと「ゴリラ ゴリラ」はゴリラ全体の学名で、西ローランドゴリラは「ゴリラ ゴリラ ゴリラ」、東ローランドゴリラは「ゴリラ ゴリラ グラウエリ」、マウンテンゴリラは「ゴリラ ゴリラ ベリンゲイ」と言います。ちなみに、「ゴリラ」という名前はアフリカの「ゴリラ族」という部族の女性が毛深く姿が似ていたためにつけられました。さて、何回「ゴリラ」が出てきたでしょう?

折出の評価 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.410 ドイツ代表のゴールキーパーオリバー・カーンは手でシュートを決め退場になったことがある(番組評価
72/100へえ)

2001年3月3日に行われたドイツ・ブンデスリーガのハンザ・ロストック対バイエルン・ミュンヘンの試合、3対2でカーン率いるバイエルンが1点差で負けたままロスタイムに入りました。バイエルンにコーナーキックのチャンスが訪れたとき、カーンは相手のペナルティーエリアまで出て行き、コーナーキックにタイミングを合わせ、拳でシュートを決めました。このプレーでカーンは2枚目のイエローカードで退場となり、無言でグラウンドを離れました。コーナーキックを蹴ったエッフェンベルグ選手は「面白かった。笑いを堪えることができなかった退場劇は初めてだよ」とコメントしています。カーンはこの試合について全くコメントしていません。まじめな男、ペナルティーエリアの外でも仕事に忠実、というお話でした。察するに、つい手が…だったんでしょうね。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.409 結婚式でよく使われる「婚礼の合唱」を作曲したワーグナーは3回不倫をした(番組評価 77/100へえ)

19世紀に数多くの有名なオペラを作曲したドイツ人作曲家のワーグナー(1813~1883)ですが、不倫の告白はワーグナー自身が半生をつづった「わが生涯」に書かれています。ワーグナーは23歳のとき4歳年上の女優ミンナ・プラーナーと結婚しますが、37歳のときに15歳年下の人妻ジェシー・ロソーと恋に落ち、駆け落ちまで考えるようなります。しかし2人の関係がジェシーの夫にばれ、逆上した夫に銃を向けられたワーグナーは二度と会わないと誓い、難を逃れました。…ここまででもけっこう修羅場踏んでます、ワーグナー。その7年後、ワーグナーが44歳のとき、彼を経済的に援助してくれた恩人の妻マティルゼ・ヴェーゼンドンクに一目ぼれしますが、ワーグナーが書いた熱烈なラブレターを妻に発見され、不倫関係に終止符が打たれました。…証拠を残してしまってはいけません、ワーグナー。その6年後、ワーグナーが50歳のときには弟子のハンス・フォン・ビューローの妻のコージマと不倫関係になり、ビューローとコージマの離婚が成立する前にコージマとの間に3人の子どもを作ってしまいました。その後コージマの離婚が成立し、さらにワーグナーの妻もこの世を去り、2人はワーグナーが70歳で他界するまで一緒に暮らしました。…ええっと、50歳過ぎてから子どもつくったんですか?ワーグナー。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.408 ペンギンの脚は長い(番組評価 88/100へえ)

鳥の脚の骨は「ふしょ骨」「脛骨」「大腿骨」から成っていて、たいていは脛骨までが体の内側に隠れていて見えません。ペンギンはふしょ骨の部分が他の鳥と比べて極端に短く、脛骨の部分まで羽毛で覆われているため脚が短く見えるんです。さらに、鳥の脚の骨は脛骨とふしょ骨の長さに差がないほどよいバランスが保て、立って歩いたり座って卵を温めたりできますが、ペンギンはふしょ骨が短いためバランスが悪く、両方の羽を広げバランスをとって歩かなければなりません。だーから「ペンギン歩き」なんてものが生まれるんですね。ということから、ペンギンの脚は体全体の4割程になり、お腹の方まであります。…実はペンギンはモーレツに起こると脛骨と大腿骨を伸ばして背を高くして威嚇する…というのはウソです。だからぁ、ペンギンはそんなことしてもバランスが取れない動物なんだから転ぶのがオチだってばさ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.038 中学生の教科書で一番多い落書きは「吹き出し」(番組評価 九分咲き)

退屈な授業のときは、教科書の挿絵に落書きをしたこと、あります?今回はそんな落書きの多いパターンを調べてみました。実際に1年間使った教科書を中学生2000人から国語・理科・社会・英語・音楽の5教科、合計10000冊の教科書を借りて調査しました。集まった落書きの総数は3万1215個です。では、トップ10をご覧いただきましょう。

第1位 吹き出し 1121人
第2位 ひげ 795人
第3位 メガネ・サングラス 531人
第4位 髪形を変える 405人
第5位 眉毛を変える 362人
第6位 鼻血 334人
第7位 頬にうず巻き 308人
第8位 第三者の介入 296人
第9位 顔にしわ 255人
第10位 額に肉マーク 242人

そのほかにもこんなものが。

第25位 うんち 53人
第30位 動物にする 45人
第75位 矢 13人

圧倒的に「挿絵や肖像画にセリフをつける」パターンが多いですね。その後は「ひげを描く」というところです。ところが、ボクはこういう経験がないんです。というか、落書きそのものをした記憶がないんです。モノを異常に大事にする性格なんで、こういう落書きをするのが嫌いなんです。大事なところに傍線を引くのも嫌なくらい。でも「もういいんだ。これからは描いてもよしっ!」って自分自身で命令をすると、なーんぼでも描くことができます。うーん、モノを大事にするのか、そうでないのか…。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.400-504