トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.415~421 トリビアの種No.039

      2013/08/23

No.421 中国には「にゃんにゃん」という神様がいる(番組評価 65/100へえ)

中国語で「娘」を意味する「にゃん」を重ねて「にゃんにゃん」と呼びます。これは中国で古くから信仰されている道教の女神の名前です。10世紀頃の宮廷では皇后など高い身分の女性を指していましたが、現在では道教の世界で女神一般を指す呼び名となっています。子宝の神様の「送子娘娘」、安産の神様の「催生娘娘」、眼や子供の病気を治す「眼光娘娘」など出産と育児に関わる女神が多く、女性に厚く信仰されています。日本にはその昔、80年代に「夕焼娘娘」というものがありましたが…。ええ、もちろん、字は違いますよ。

折出の評価 ★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.420 亀の皮はむける(番組評価 64/100へえ)

亀も脱皮をし、皮がむけることで大きくなります。イメージしにくいかもしれませんが、甲羅もむけます。本来は水中で泳いでいるときや石でこすれた時にむけるものですが、むけずに放っておくとかさぶたのように古い皮が甲羅を覆ってしまい、新陳代謝ができなくなって、成長できないどころか古い皮に最近がたまって甲羅が腐ってしまう恐れがあります。当然若い成長期の亀のほうがよくむけます。また脱皮には個体差があって回数や時期もさまざまですが、春から夏にかけて脱皮することが多いです。よい子も見てるでしょうから、あえてここは「さわやかお兄さん」を演じておくことにします。頭の中はいろんなことが、ぐるぐるぐるぐる…。

折出の評価 ★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.419 アルミホイルを噛んでビリッとする時発生しているのは「ガルバニー電流」(番組評価 59/100へえ)

これはね、名作だよ。よく見てごらんなさい。なんのひねりもなく力で持って行ってるところが素晴らしいと思いませんか? ヒットを打ったけど、メチャクチャ重い球で、ヒットを打てもまだ手にしびれが残っているような、そんな感じです。だから、ボクの評価は高いよお。ガルバニー電流は電気を流すことができる溶液の中で違う種類の金属が接触するとき金属の間に流れる電流です。銀歯や金歯のある人がアルミホイルを噛んだりスプーンなどが接触したときにこれが流れて、歯の中心部の神経に電流刺激が伝わり、ビリッとした痛みが生じます。ガルバニー電流による痛みは個人差があり、人によっては金属アレルギーが起こる可能性もあるので、実験の際はあくまでそっと確かめる程度にしてください。度が過ぎると大変危険です。当然金属の歯がない人は起こりません。ボクはこの症状、今のところ体験することはなさそうです。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.418 フルマラソンの国際大会で途中うんこをしたのに優勝した選手がいる(番組評価 84/100へえ)

昭和48年の第28回びわ湖毎日マラソンで招待選手として出場したアメリカのフランク・ショーター選手は、2時間12分03秒の当時大会新記録で優勝しました。彼は10キロ地点にある給水所で水分を補給した直後突然腹痛に襲われました。ショーター選手は沿道の人が振る紙でできた小旗を数枚引きちぎり、その間ずっと人気のない場所を探しながら走り、16キロ付近でコースを外れ草むらの中に駆け込み用を足しました。この間に2人の選手に追い抜かれましたが、ショーター選手はわずか20秒で用を足しコースに戻り、先に行った2人を追い抜いてトップでゴールしました。本人は「レースに勝つために克服しなければならない障害はいろいろあるが、これはそのひとつに過ぎない」と言っています。さらに「あと2キロ走っていい場所がなかったら皆の前でもやっていたでしょう」と話しています。そんあんことがあったらとんでもないことになっていたかもしれません。自分が思うよりもたくさんのものが出ること、検尿で経験したこと、ありません? 紙コップからあふれちゃったりして。ちなみに、ショーター選手は、このレースの2年前のパン・アメリカン・マラソンでもレースの途中うんこをしたにもかかわらず優勝しています。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.417 石川啄木はHな日記を妻に読まれては困るためローマ字で書いていた(番組評価 82/100へえ)

「一握の砂」「悲しき玩具」などの歌集を出した歌人の石川啄木(1886~1912)ですが、彼は16歳から10年間にわたって日記をつけていて、その中で妻子を残して上京している1909年4月7日から6月16日までの日記がローマ字で書かれています。それは「啄木全集」にも載っていて、4月7日には妻を愛してるからこそこの日記を妻に読まれたくないのだ、とローマ字で書かれています。4月10日には女を買ったことを記し、4月20日には女の股に手を入れる様子が記されています。ただ、妻のセツコは女学校で英語の初歩を学んでいたため、今一揆は啄木の死後妻によって解読されました。…意味ないじゃん。ただ、当時の啄木は仲間の作家たちが大成していく中、自分の才能に絶望感を感じていて、このときの自分自身の赤裸々な行動を心境を素直に書き記すために書きなれないローマ字を用いていたんです。さらに、書いた日記を自分自身二度と読みたくなかったため、開いても一目で意味が分からないようにローマ字にしました。ローマ字といえば、手塚osamu ga yoku ro-maji de kaitemasitayone? hissi ni natte sono bubun wo yondetano omoidasimasita. mukasi ro-maji denihongo wo kakiarawasou to iu undouga atta mitai desuga, sonna koto sitara yominikukute shouganai. demo, narete simaeba yomiyasuku narundeshouka. …あ、いつの間にか変換キー押してたみたい。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.416 プロ野球ニュースのキャスター中井美穂は担当第1回目の新聞テレビ欄に「キャスター中山美穂」と書かれていた(番組評価 66/100へえ)

中井美穂さんは1988年にプロ野球ニュースという番組で女性初のキャスターに抜擢され、女性スポーツキャスターの先駆けとして活躍した元フジテレビアナウンサーですが、その初日だった4月2日付の日刊スポーツには「キャスター・中山美穂」と書かれています。中井さんがまだ入社2年目の新人でスタッフにもあまり知られていなかったため、当時の番組スタッフが一文字違いの中山美穂さんの名前を新聞テレビ欄に間違えて書いてしまいました。その反響でしょうか、前週までの土日のプロ野球ニュースの平均視聴率が7~8%だったのに対し、中井美穂さん担当初回の視聴率は11.0%でした。ちなみに、この翌日の視聴率は7.3%でした。中井さんは当日間違いを知らされてはいましたが、新人でメインキャスターという大役の初回であったためそれどころではなかったそうです。きっとね、その前のニュース番組が「デイトライン キャスター・山中秀樹」だからだと思うよ。「山」と「中」が頭にあっての「中井美穂」だからね。ちなみに、名前を間違えられることはよくあったそうで、ロケ先の人がの人が「中山美穂」が来ると楽しみに待っている事が多く「中井美穂」だと気づき顔には出さずとも落胆している様子に「申し訳ないことをした」と思っていたそうです。まあ、一発で「折出」が伝わんないよりかはいいでしょ。今日もまた、先方に「オリベ」と伝わる日々…。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.415 9の掛け算の答えは数字同士を足していくと必ず9になる(番組評価 82/100へえ)

9×2=18、1と8を足して9、といった具合です。これは「9の倍数の性質」と呼ばれているもので、逆に言えば、ある数字が9で割り切れるかを調べるときに、並んだ数字を足していった合計が9になれば割り切れると言うことになります。ちなみに、掛け算の9の段を書いてみてください。9、18、27、36、45、54、63、72、81ですね。これ、45と54を境にして数字が対称になってるの、分かります? 45と54、36と63、27と72、18と81。ね。

折出の評価 ★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.039 桜の木1本についている花びらはおよそ59万3345枚(番組評価 満開)

今回は花を最も美しく咲かせてお花見でも見ごろな樹齢32年のソメイヨシノの花びらがどれくらいあるのかを数えました。ソメイヨシノは樹齢が同じであれば大きさもあまり変わりません。選ばれたのは茨城県常陸太田市の西山公園のソメイヨシノです。まず、落ちてくる花びらを1枚も逃がさないように開花前の桜の木の四方を網目4mm、大きさ8m四方の網で取り囲みます。散った花びらは形を崩さないように注意しながら乾燥剤の入った容器に回収します。回収した花びらは方眼用紙に1枚1枚丁寧に並べ、セロハンテープで固定していきます。この単調な作業を繰り返し、すべての花びらを数えると 59万3345枚でした。今回使用したセロハンテープは1本7mのもの2013個、距離にしておよそ14km、集計を出すのに24日間、総勢70人、常陸太田市の観光課のバックアップのもとのプロジェクトでした。もう、ただただ、偉い!というのみ!

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.400-504