トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.528~535 トリビアの種No.054

      2013/08/24

No.535 ニコチンは体内に入るとコチニンになる(番組評価 62/100へえ)

タバコに含まれるニコチンは神経や脳を刺激する中毒性の物質です。厚生労働省が出している禁煙と健康問題に関する報告書「喫煙と健康」には「ニコチンは血液中で速やかに代謝されてコチニンとなり、解毒される」と書いてあります。コチニンはニコチンを無害にしたもので、主に肝臓の酵素の働きで酸化することでできます。ニコチンからコチニンになるまでにおよそ7時間かかり、およそ1~2日後に尿などによって体の外に排出されます。男の人の場合、ポコチンから排出されるんですね。また、コチニンはニコチンよりも体内に残る時間が長いので、血液や尿などからコチニンが検出されると喫煙したという証拠にもなります。

折出の評価 ★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.534 アンコウにはオスがメスを見つけると吸い付きその後メスの体に吸収されるものがある(番組評価 83/100へえ)

アンコウは頭の先についた竿を光らせ獲物をおびき寄せることで有名な深海魚ですが、この種類のアンコウはこの種類はオスの体長がおよそ3センチであるのに対しメスがおよそ20センチと、オスよりメスのほうがとても大きいものです。オスがメスに吸い付くのは生殖のためです。深海ではオスとメスがめぐり合う確率がとても低いんです。オスはメスに吸い付いたあと、口の周りの皮膚からメスの体に吸収され、血管もメスと一体化し、エラ・循環器・心臓は器官として残りますが、ほとんどの部分は生殖器となり体は退化していきます。そしてメスから出た血管がオスの中に入り、オスは血管を通してメスの栄養をもらって生き続けます。オスはメスが産卵すると精子をかけることを忘れません。また、一匹のメスに複数のオスが一体化している場合もあります。このように合体する動物というのは脊椎動物ではアンコウの他に例を見ない特異的なものです。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.533 競輪の自転車はバックで走れる(番組評価 53/100へえ)

小さいころ自転車に乗ってて、ペダルを一生懸命後ろに漕いだことあったなあ。バックするとは思ってなかったけど。競輪の自転車はチェーンとギアが連動しているため、後ろに漕げばそれだけ後ろに進むようになっています。ハンドブレーキはついておらず、漕ぐのをやめて少し後ろに力を入れれば、減速し止まれる仕組みになっています。しかし、競輪の選手でもバックで走る練習やレースがないのでバックで簡単に走ることはできません。

折出の評価 ★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.532 芝刈り機が芝を刈る音だけのCDがある(番組評価 55/100へえ)

もうずーっと芝を刈る音だけが収録されています。このCDは2000年にニュージーランドのジェフ・マースランドさんが発表した「Suburbia(郊外) Volume 1」というもので、世界16ヶ国で販売されています。ニュージーランドの人にとって芝刈り機の音は郷愁を誘うもので、都会に出た若者に懐かしんでほしいということで作られたようです。このCDを買う人は制作意図の通り「最近若者が都会に住む傾向があり、そんなアパート住まいの庭のない人がこのCDを聞いて懐かしむ」というものと「週末の夜隣の家でパーティーがあって一晩中うるさかったとき、次の日の早朝にこのCDをかけてパーティー疲れで寝ている人への復讐として使う」という使い方もある…ということです。そういえば、F1が好きな人はエンジン音を聞いてどこのものか分かるらしいけど、このCD聞いて聞き分けられる人、いるかなあ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.531 総理大臣のオナラが新聞の一面を飾った事がある(番組評価 76/100へえ)

第27代総理大臣の浜口雄幸(はまぐち・おさち。1870~1931)のオナラで、昭和5年11月18日の新聞に掲載されました。昭和5年(1930年)11月14日、東京駅のホームで浜口総理大臣がピストルで狙撃されました。総理大臣の容態は「オナラが出るか否かが生死の分かれめ」という主治医のコメントが発表され、国民は浜口総理のオナラを待ち望んでいました。そして狙撃から3日後の11月17日午前1時15分、泊まり込みで容態を見守っていた医師と家族の前で浜口総理大臣はオナラをしました。そのときの喜びようはそれはもうすごいもので、病室では「万歳! 万歳! オナラ万歳!」と病院内に響き渡る歓喜の声があがり、新聞各紙も喜びを伝えました。また、回復を喜んだ主治医の真鍋嘉一郎(まなべ・かいちろう)氏は「秋の夜や 天下に響く 屁一つ」と喜びを俳句にしています。また、新聞には病室で交わされた会話が掲載されていて、「実にいい屁を放ちましたね」という真鍋教授に「屁を放ってほめられるもんかねぇ」と浜口首相が答え、それに対し真鍋教授が「あの屁は普通の屁じゃない。天下に頼まれたもので他に例を求めても無い屁です」と笑顔で答えたそうです。盲腸の手術の経験があるボクは、同じようなものかなあと勝手に想像しましたが。あのときのオナラ、自分でもコントロールできない、まるでオナラ自身に意思があるようなものだったなあ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.530 ウインクしている仏像がある(番組評価 59/100へえ)

紹介された仏像は兵庫県加古川市の鶴林寺(かくりんじ)にある十二神将立像の一体の「申神将(さるしんしょう)」です。鎌倉時代から室町時代に作られたといわれています。十二神将像は薬師如来を守る神で、十二支と結びついて頭上に干支の動物を表したものが多く、申神将は頭の上に申を乗せています。片方の目をつぶっているのは持っている矢がまっすぐな事を確かめるためです。

折出の評価 ★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.529 関西のホタルは関東のホタルよりせっかちに光る(番組評価 68/100へえ)

関東のホタルはおよそ4秒、関西のホタルはおよそ2秒光ります。ゲンジボタルはおよそ100万年前にアジアから西日本方面に入りました。その時の光る時間の長さはおよそ2秒でした。その後、ゲンジボタルは生息地を東に広げていきましたが、富士山一体にそびえる大きな山脈のため、ゲンジボタルはそれ以上東に進むことができなくなりました。山脈に長い間いたゲンジボタルの集団は低い気温によって活動が鈍くなったため、光る時間がおよそ4秒と長くなっていきました。その後山脈の抜け道を見つけることができた集団が東日本に流れたため、東日本のホタルの光る時間がおよそ4秒となりました。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.528 ビニール袋に水を入れるとライターの火であぶっても溶けない(番組評価 62/100へえ)

ビニールは80度から120度の熱で溶け出しますが、ビニール袋に水を入れると「熱伝導」といわれる作用によって炎の熱が水の中に移動します。そのことでビニール自体の温度は水と同じくらいの低い温度に保たれるためビニールは溶けません。また、ビニールが薄ければ薄いほど熱を移動させる速度が速くなるため、水を入れた場合には熱伝導しやすい薄いビニールの方が燃えにくいということになります。マジックや自由研究で使えそうなトリビアですね。お試しのときは火を使うので十分に気をつけてください。

折出の評価 ★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.054 お母さんが子供を叱る時最もよく使う口癖は「ウチはウチ ヨソはヨソ」(番組評価 九分咲き)

日本の各都道府県100人ずつ、合計4700人にどんなことを言われたのかを聞いてみた結果、こんなことになりました。

第1位 「ウチはウチ ヨソはヨソ」(416人)
第2位 「あなたはお兄(姉)さんなんだから」(305人)
第3位 「どうして叱られてるのか分かる」(255人)
第4位 「いつまでもそうしてなさい」(221人)
第5位 「お母さんそんな風に育てた覚えはないわよ」(198人)
第6位 「お父さんに言うからね」(165人)
第7位 「あなたのためを思って言ってるのよ」(125人)
第8位 「ああ言えばこう言う」(98人)
第9位 「私が子供の頃はそんなことしなかったわよ」(87人)
第10位 「謝って済むなら警察はいらないの」(68人)

番外として、「自分の胸に手を当ててよく考えなさい(18人)」、「叩いたお母さんの手も痛いの(4人)」、「お肉ばっかり食べないの(2人)」がありました。「お肉…」以外はもう定番のセリフですね。ボクはね、テレビ見ながらご飯食べてて、「こっち(ご飯)を3、無効(テレビ)を7にしなさい」って言われたことあります。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.505-605