トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.701~706 トリビアの種No.080 ガセビアの沼No.009

      2013/08/24

No.706 相撲の「花道」の由来は平安時代力士が土俵入りするとき頭に花を挿していたから(番組評価 60/100へえ)

相撲の花道は力士が支度部屋と土俵を往復する時に使う通路のことですが、日本相撲協会が監修した「相撲大事典」には「『花道』は、平安時代の相撲節(すまいのせち)で、相撲人(すまいびと)が髪に造花を挿して登場したことにちなんだ名称である」とあります。相撲節は天皇が宮中で相撲を観覧する行事のことで、相撲人は力士のことです。東方から登場する力士は葵の造花を、西方から登場する力士は夕顔の造花を挿していました。造花を挿していたのは、儀式を艶やかにするための装飾というの意味と、身を清めていると言う意味の2つが考えられます。まあ、力士が花飾りをつけていれば、多少は華やかになる…のかな? 女人禁制でも華やかさは欲しいよね。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.705 ゴリラが胸を叩く時の手はグーではなくパー(番組評価 67/100へえ)

ゴリラが胸を叩く行為はドラミングと呼ばれ、敵への威嚇行為や縄張りを主張する時に叩きます。ゴリラは胸の皮膚の下に空気を溜める袋を持っていて、そこを指で叩いているんです。そのため、打楽器をバチで叩くようなパカパカという音が鳴ります。ですから、グーで叩いているわけじゃないんですね。グーだとそんないい音しませんから。このドラミングはゴリラだけに見られる特有のもので、その音は2キロ先でも聞こえることがあります。吉本新喜劇、島木譲二の「パチパチパンチ」は劇場中で聞こえます。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.704 ガーナサッカー協会会長の名前はニャホニャホタマクロー(番組評価 94/100へえ)

切るところは最初の「ニャホ」の後です。ニャホ・ニャホタマクロー(Nyaho Nyaho-Tamakloe)さんは、2004年からガーナサッカー協会の会長を務めています。国民的スポーツであるサッカーの協会会長ということで、ガーナ国民の誰もが知っている有名人です。ガーナでも珍しい名前で、親しい友人は彼のことを「ニャホ」と呼んでいます。サッカー協会だけでなく医師として働くとともに政治家もしています。いくら珍しいとはいえ、日本語でこんなに意味のある言葉が並ぶなんて。「ニャホ」に「タマ」って…。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.703 筑紫哲也はエープリルフールに「宇宙人との交信に成功した」というウソのニュースを読んだことがある(番組評価 70/100へえ)

筑紫さんがニュース番組「こちらデスク」のキャスターを務めていた昭和54年(1979年)の出来事です。週に一度の放送日がエープリルフールに重なり、こんなチャンスは二度とない、ということでスタッフにエープリルフールの番組をやろうと持ちかけ、実行しました。内容は、その当時のアメリカ大統領のカーターがUFOがいると信じていたことをモチーフとしたもので、UFOを通して宇宙人と連絡を取って「地球人と平和に暮らそう」というメッセージが届いた、というものでした。筑紫さんはすぐに「ウソのニュース放送である」と伝えましたが、あまりに抗議の電話が多かったため、そのうちの1本をスタジオとつないで、筑紫さんが直接応対に出ることになりました。その男性はカンカンに怒っていて、「デタラメな放送のおかげでブランコから落ちてケガをした」と言ってきました。筑紫さんはブランコに乗りながらテレビを見るという状況が全く理解できなかったため、どういうことかと応対しているうちに番組は時間切れになり、そのまま終了しました。…えー、ここもいろいろ書いておりますが、よく読んでくださいね。ウソのときはきちんとウソって言ってますから。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.702 選挙の投票用紙は折って投票しても箱の中で自然に開くようになっている(番組評価 78/100へえ)

この投票用紙は植物繊維を原料にした「ポリオレフィン」という合成樹脂でできていて、昭和58年(1983年)の千葉市の統一地方選挙で投票用紙として初めて採用されました。現在は全国ほぼすべての選挙で使われています。合成樹脂なんですが、表面が特殊加工されているので鉛筆でも字を書くことができて、破れにくく、二つ折りにしても自動的に開くようになっています。自動的に開くことで開票作業でいちいち紙を開く手間が省け、作業時間が短縮できます。東京都選挙管理委員会では平成3年(1991年)の知事選から、有権者にいち早く結果を報告するという大前提に基づき、それまで翌日開票だったものを即日開票にするために様々な工夫をする一環でこの投票用紙を採用しました。実際に、この投票用紙を導入する前は2時間58分かかっていた開票作業が2時間39分にまで短縮されました。…投票用紙に書くときの書き味はなんか他の紙と違う、と思ってたけど、なるほどそういうことだったのか。ぜひ投票所でその書き味、味わってください。

折出の評価 ★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.701 2つに折ったお札の上に硬貨を乗せ開ききっても硬貨は落ちない(番組評価 77/100へえ)

お札を2つ折りにして、その中心に硬貨を置いて徐々に開くと、厚さ0.1ミリのお札の上に硬貨が乗ります。これはやじろべえと同じ「力のモーメント」と呼ばれる現象が起こっているからです。これは物体の重心が一方に傾くと反対側に跳ね返り自然に重心がつりあう状態になろうとする現象です。この場合もお札が開いていくのに合わせて効果の重心が自然に左右に動いてつりあおうとして硬貨が落ちないのです。関係あるかどうか分からないけど、両手の人差し指の上に長い棒を乗せて、お互いに人差し指を中央に近づけて行くと、片方ずつ交互に近づいていき、最後は重心でつりあいます。左右の人差し指がいっぺんに近づいていかないところがポイントなんだけど…。

折出の評価 ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.080 80歳以上の人が孫に言われて一番ショックな言葉は「お金ちょうだい」(番組評価 九分咲き)

全国各地で80歳以上の男女2000人を調査した結果は以下の通りです。

第1位 お金ちょうだい 93人
第2位 その話聞いた 78人
第3位 くさい 65人
第4位 なんでハゲてるの? 54人
第5位 何しに来たの? 46人
第6位 じじい 38人
第7位 嫌い 29人
第8位 おじいちゃんち行きたくない 18人
第9位 もう行っていい? 16人
第10位 何もくれないの? 11人

これ見て行くと、子供って天使じゃないなあ。けっこう残酷なこと言うよね。だから、言っちゃいけないことを教えるのが年長者の役目、と思ってます。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

ガセビアの沼No.009 「木の年輪で東西南北が分かる」というのはガセ

日が当たる南側は年輪が広くなり、北側は狭いと言われますが、年輪の片寄りは日差しの向きに左右されることはありません。木の年輪の幅に片寄りが出るのは木の生えている地面の傾斜が要因です。傾いた土地に育った木は、傾かないように谷側の成長を促進して強くするために年輪の幅が広くなります。昔、宮大工が寺や神社を建てる時に、柱にする木を生えていた方角と同じ向きで使っていたので、木には方角があるという漠然としたものが広まって行ったのではないかと言われています。おいおい、まことしやかに流れてたぞ! 遭難した時のサバイバル術で! 信じて使ったらとんでもないことになるぞ!

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.701-800