トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.744~749 トリビアの種No.087 ガセビアの沼No.016

      2013/08/24

No.749 映画「燃えよドラゴン」の中でブルース・リーが闘っている後ろで爆笑しているエキストラがいる(番組評価 72/100へえ)

ブルース・リーが闘っているのを大勢の人が真剣に見守っているシーンで、よく見るとブルース・リーの技が決まって敵が倒れた瞬間に、後ろの大勢いるエキストラの中の1人が笑っています。このエキストラを捜しましたが見つからず、彼が誰で、なぜあのような緊迫したシーンで爆笑していたのかは一切不明です。映画の配給元のワーナーエンターテイメントジャパンも一切気づいておらず、香港の制作会社であるアメリカのワーナーブラザーズも一切気づいていませんでした。しかしまあ、ホントに、よく見つけるね。前にあったなよあ、編集でつながっていない細かいところを見つけて、それで間違い探しみたいなクイズにした「ダウトをさがせ!」ってテレビ番組。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.748 モグラの学名は「モゲラ」(番組評価 64/100へえ)

日本の哺乳類が記録されている「原色日本哺乳類図鑑」にも書かれています。学名「モゲラ」は江戸時代にフランス人の生物学者ポメールがつけたものですが、その際に「モグラ」を「モゲラ」と聞き間違えたという説と、資料を作る際に「mogura」を「mogera」と書き間違えたという2つの説があります。どちらにしても間違いからついた学名です。なお、学名は「国際動物命名規約」によって取り決められていて、一度定められた学名を変えることは、それまでに出版された印刷物すべてを書き直し、研究者も動物の呼び名を変えなければならないので、学名の呼び名が多少間違っていてもそれを理由に学名を正式に変更することはできません。ここから全くのウソを書きますが、モゲラ族には「ハナモゲラ」がいます。タモリです。ご存じですか? ハナモゲラ語。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.747 ザビエルのヒゲの間に点を描いて逆さまにするとペンギンっぽくなる(番組評価 81/100へえ)

フランシスコ・ザビエル(1506~1552)は、16世紀に初めてキリスト教を日本に広めたことで有名な人物です。どこかで肖像画を見かけたら、やってみてください。もちろん、落書きできないものは自分の頭の中で書いてみて。ザビエルの唇が厚いから、よけいにペンギンっぽくなるんだね。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.746 「あれ!?」などの驚きの言葉をドイツ語で言うと「ナヌッ」(番組評価 74/100へえ)

ドイツ語の「nanu」は驚きや不審の念を表す際に使う感嘆詞で、日本語の「あれっ!?」「何だって!?」に相当し、「なぬっ!?」にも近い意味の言葉です。短く「ナヌッ」と発音するパターンと「ナヌー」と伸ばして発音するパターンがあり、唇をとがらせて言うのがポイントです。また、日本語の「あ、そうか!」という意味の言葉はドイツ語で「Ach so(アー ソウ)」と言います。たまたま同じになったのか、何かつながりがあるのか。ルーツをたどっていってもおもしろそう。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.745 劇団四季のミュージカル「ライオンキング」は公演する地方に合わせてセリフを方言に変えている(番組評価 80/100へえ)

台本には方言だけでなく、「さは『さ』と『しゃ』の間で発音してください」といったように発音の方法が細かく記されています。「ライオンキング」は1997年にアメリカ・ブロードウェイで初上演されました。主人公のラインの子であるシンバが、目の前で父親が死んだショックをいやす旅先のシーンに出てくるティモンとプンバァがブルックリン訛でしゃべります。方言をしゃべることで遠くまで旅をしてきたと観客に感じてもらいたいということで、このような設定になっています。そこで、アメリカのディズニー側は平成10年(1998年)に劇団四季が日本公演する際にも同じような効果をセリフに取り入れて欲しいという要望を出したため、公演地によってセリフを方言に変えています。ただ、ご当地の方言を使ったら遠くまで旅をした、という効果はないと思うんだけど…。ま、細かいことはいいか…。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.744 「冷たい」は「爪が痛い」を短くした言葉(番組評価 72/100へえ)

日本で最も古語を詳しく解説した「角川古語大辞典」には「冷たい」の古語である「つめたし」の項に「『爪痛し』のつづまった(短くした)語」とあります。体の一部分が痛いという状況を表す言葉として使われていた「爪痛し」という言葉が短くなって「冷たし」と呼ばれるようになったと考えられています。平安時代の女流作家である清少納言の随筆「枕草子」の文中に「つめたし」と記されていることから、1000年以上前には「爪痛し」は「冷たし」に変化して用いられていたと考えられています。冬の朝、水に触ったときに爪が痛くなる感じからきた言葉かな。時代が下ってるので、「つめたしっ!」っていっても、鋭い感じはしないね。やっぱり「つめたっ!」のほうが身震いするなあ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.087 デート中彼女の鼻に鼻クソがついていた時彼氏が相手に最もさりげなく伝える手段は「鼻に食べカスがついているフリをしてふき取る」(番組評価 九分咲き)

彼女がトイレから戻ってきたときに鼻クソがついていたら、彼はどのように対処するかを100組のカップルで実験しました。鼻クソをつくったのは、ハリウッドで活躍する世界的SFXアーティストのスクリーミング・マッド・ジョージさんです。ドライタイプ・ウェットタイプ・鼻毛つきタイプの3つを用意し、状況に応じて選んで装着します。100組のサンプルを日本全国の20代女性2000人に見てもらい、最も好感度の高い手段を選びます。その結果はこうなりました。

第1位 食べカスがついているフリをしてふき取る 122人
第2位 鏡を借り、返す際に見せて気付かせようとする 68人
第3位 心理テストのフリをして気付かせようとする 41人

上位には「見て見ぬふりする」ってのもあったりして。実際に見て見ぬふりをするカップルがいたとして、そのカップルは終わってる、という判断がつくのかつかないのかは分かりません。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

ガセビアの沼No.016 「洗面所の栓を抜くと出来る渦は北半球では左回りで南半球では右回り」というのはガセ

地球の自転運動の影響を受けて、渦の回転が北半球では左回り、南半球では右回りになるというのは台風などの気象レベルの大きな渦の場合では正しいですが、日常生活で見られる渦はスケールが小さすぎるため、地球の自転運動とは関係なく、栓を抜く角度や器の形状など他の要因で渦の方向が決定されます。つまり、左にも右にも回るのです。日本でも洗面所で右回りの渦ができるということもあるということね。これもすっかり信じてたなあ。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.701-800