トリビアの泉で沐浴

テレビ番組「トリビアの泉」で放送されたものに、思ったことを書いていきます

トリビアNo.862~866 トリビアの種No.111 ガセビアの沼No.036

      2013/08/25

No.866 中国のラストエンペラー溥儀が亡くなる間際に食べたかったのはチキンラーメン(番組評価 70/100へえ)

中国清朝最後の皇帝、愛新覚羅溥儀(1906~1967)の弟の妻の愛新覚羅浩(あいしんかくら・ひろ)が書いた「流転の王妃の昭和史」には「この大兄(溥儀)が文革の騒乱とともに身体の不調を訴え、入院して手術を受けました。…『何か召し上がりたいものはございませんか?』とお訊ねすると、『日本のチキン・ラーメンが食べたい』という意外なご返事でした」と書かれています。それだけチキンラーメンは当時の人にインパクトを与えたんでしょうね。だって、お湯をかけるだけであんなに味のある食べ物ができるんだから。ちなみに「チキンラーメン」は1958年に発売された世界初のインスタントラーメンです。…なんか「あなたが死ぬ前に食べたいものは何ですか?」っていう質問を思い出したなあ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.865 頭を飛ばして鳥を威嚇するかかしロボットが開発された事がある(番組評価 72/100へえ)

かかしロボは独立行政法人の農業・生物系特定産業技術支援センターが平成12年(2000年)に開発した「鳥害防止用複合威嚇装置」です。人形の内部にはカセット式ガスボンベを利用した小型爆音機を備えていて、そのガスの爆発によって破裂音を発生させてソフトボール大の球を打ち上げます。球は上に打ち上げられ、飛来する鳥に急速に接近するので威嚇効果が高くなります。さらに数秒後にスピーカーから鳥が危険にさらされたときに発する悲鳴である「ディストレスコール」を発します。このように、鳥類が逃げる効果がある手段を複合的に利用した慣れの生じにくい鳥害防止装置が開発されました。…よくある鳥よけではすぐに鳥が慣れちゃうもんね。このロボットは物体と音のダブルで威嚇するんで、鳥が慣れにくいというわけだ。このかかしロボは開発に300万円以上かかっています。

折出の評価 ★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.864 公園にある噴水式の蛇口にビー玉を置き水を出すとビー玉は浮いたまま落ちない(番組評価 70/100へえ)

公園にある、噴水式に水が出る「立飲み水栓」に直径17mmの一般的なビー玉を置いて水を出しました。すると、ビー玉は水の流れに乗ったまま落ちることはありません。蛇口から水を出したとき、水がビー玉を上に押し上げる力と、ビー玉自体の重さが釣り合う高さでビー玉は浮きます。また、ビー玉がバランスを崩して中心からずれた場合は水しぶきがビー玉のずれた方向に勢いよくあがります。このとき、水しぶきが飛び出す力がロケットのジェット噴射のような役割を果たしてビー玉を元の位置に戻します。これを繰り返してビー玉は浮いたままの状態を保ちます。ただ、風が強かったり立ち飲み水栓自体が斜めになっているとビー玉がバランスを取ることができずに落ちることがあります。また、公園の水道の中には水圧が一定でないところもあり、そのような場合にはビー玉が落ちてしまいます。…要するに、微妙なバランスを保って落ちないということですね。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.863 怒りを表す言葉「かちんとくる」より怒りが少ない場合の言葉は「こちんとくる」(番組評価 76/100へえ)

現代新国語辞典には「かちんとくる」には「(他人の言動などが)強く感情にさわる」とあり、「こちんとくる」には「ちょっとしゃくにさわる」とあります。室町時代にごはんをついてできた餅のことを「搗飯(かちいい)」と呼び、そこから「餅」という意味の「かちん」という言葉が生まれました。その後「かちんとくる」という言葉が明治時代以降に生まれ、その後「こちんとくる」という言葉が生まれました。「かちんとくる」のように「か」で始まる言葉と「こちんとくる」のように「こ」で始まる言葉の語感を比較した場合「か」で始まる言葉は勤続的で鋭く感じられ、「こ」で始まる言葉はやや内にこもった鈍い感じを受けることから「かちんとくる」の方が感情的に強く答えた場合を表すと考えられます。また、「かちんとくる」と同じ意味でそれよりも弱いニュアンスの言葉がなかったため「かちん」の母音を変えた「こちん」が生まれたとも考えられます。…では、ここで質問。あなたは、列に割り込んでくる人に対して、かちんときますか? それとも、こちんときますか? あなたがかちんとくるシチュエーション、こちんとくるシチュエーションを考えておくといつか雑談するときに役立つかも。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★★★★★★★☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

No.862 京都の観光地保津川では川下りの船頭が上流まで戻るのに電車を使っている(番組評価 80/100へえ)

保津川は京都府西部の亀岡盆地と京都盆地との間の山地を流れる川です。保津川下りは亀岡から嵐山の渡月橋(とげつきょう)までのおよそ16kmの間の川下りです。土日や観光シーズンは臨時便が出されるほどの人気です。しかし、そのため人手が足りなくなり、船頭さんは急いで上流に戻らなければなりません。下流まで下ると駆け足でタクシーに乗り、渋滞もなく時間通りに戻れるため電車を使って上流まで戻っています。川を下った船はクレーンで釣り上げられ、大型トラックに積まれて上流へ戻されます。…降りるのは楽でも、元に戻ってくるのは相当大変なんですね。時間との戦いだあ。

折出の評価 ★★★★★★★★★★★☆☆☆☆☆☆☆☆☆

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

トリビアの種No.111 耳で聞いた時最も不愉快に感じる「はぁ?」の言い方は語尾を上げて短く強めの「はぁ?」(番組評価 九分咲き)

200人から不愉快に感じる「はぁ?」の言い方のサンプルを採取します。分析の結果「はぁ?」を8パターンに分類できました。それぞれ「語尾が短い弱めの『は?』」「語尾が短い強めの『は?』」「語尾を上げて短く弱めの『はぁ?』」「語尾を上げて短く強めの『はぁ?』」「語尾を上げて長く弱めの『はぁ~?』」「語尾を上げて長く強めの『はぁ~?』」「語尾が笑いながら弱めの『はぁ~?』」「語尾が笑いながら強めの『はぁ~?』」です。この8パターンを2000人に見せて、耳で聞いたとき最も不愉快に感じる「はぁ?」を選んでもらいました。その結果はこの通りです。

「語尾を上げて短く強めの『はぁ?』」(587人)
「語尾を上げて長く強めの『はぁ~?』」(392人)
「語尾が短い強めの『は?』」(298人)
「語尾が短い弱めの『は?』」(251人)
「語尾を上げて短く弱めの『はぁ?』」(183人)
「語尾を上げて長く弱めの『はぁ~?』」(144人)
「語尾が笑いながら弱めの『はぁ~?』」(98人)
「語尾が笑いながら強めの『はぁ~?』」(47人)

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

ガセビアの沼No.036 「サッカーの試合中に興奮にした選手がボールを持って走ったことからラグビーが生まれた」というのはガセ

ラグビーは中世ヨーロッパで行われていた民族フットボールが起源です。これは村同士がひとつのボールを奪い合って互いの村まで運ぶものでした。後の1871年にスポーツとして競技規則が確立されたのがラグビーです。「サッカーの試合中…」という逸話はラグビーの発祥であるラグビー校での1823年の出来事と言われていますが、まだこの時にはサッカーが誕生していませんでした(サッカーの誕生は1863年です)。現在では自分たちがラグビーの元祖であると主張する人々の作り話だったと言われています。ラグビー校にはボールを持って走ったエリス少年を讃えるプレートがあり、ラグビー市にはエリス少年の銅像があります。

トリビアの泉で沐浴 インデックスへもどる

 - トリビアNo.801-900