折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

名古屋グランパス

クラブ記録を越える入場者の中で見せた無様な姿 ―J1第11節 名古屋対セレッソ大阪

2014/05/05

豊田スタジアムでJリーグ実況。J1第11節の、名古屋グランパス対セレッソ大阪戦。愛知県豊田市のコミュニティFM、ラジオ・ラブィートの「GRAMPUS BEAT」としてお届けしました。

1対2で敗戦。リーグ戦3連勝のあと5連敗、ひとつ勝って、きょう負けて。豊田スタジアムでは今シーズンまだ勝っていない。クラブ記録となる入場者数だったのに、その前で勝てないなんて…。

グランパスって、こういうところ、あるよね。大舞台で勝てない。お客さんがたくさん来た試合とか、クラブのメモリアルな試合とか、そういう時に限って勝てない。

後半はよかったんですよ。それまで見られなかった、ゴールに向かっていくパスが出るようになったから。やっぱりね、得点するためには相手のゴールに近づいていかないとダメですよ。

グランパスの得点も、相手のゴールに向かっていって生まれたPKを決めたんだから。同点になり、相手がひとり少なくなって、グランパスのシュートが多くなってきた…んだけど、決められない。あとひとつ、何かが足りない。

そして、ひとり少ないセレッソがグランパスの守備を突破してゴールを決める。ドリブルしている選手に2人ついていて、それを突破されたんだよ。そんなバカな…。

グランパスサポーターは「なんであのシュートを決められないんだ…」という、気持ちが残った試合。大きな豊田スタジアムの、一番上の階の、一番奥の、一番隅の席までびっしり埋まったんだから、勝ったところを見てもらって「勝ってよかったねー、次も来ようかなー」と思ってもらうことが、一番の課題だったのに…。これじゃお客さんはいつまで経っても増えないよ…。

-名古屋グランパス