折出賢一のウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

Category

映画

映画「居眠り磐音」の第一幕はとても印象に残る。なんなら時代劇の歴史に残る、って言ってもいい

映画「居眠り磐音」を観ました。幼なじみとの別れ。これは強烈だった……! 見事なストーリーは、映画史に残るんじゃない?

映画「バースデー・ワンダーランド」を観て思った。子供も大人も、いつでも成長していけるものだ

映画「バースデー・ワンダーランド」を観ました。骨董屋に行って帰ってくる、それだけなのに、アカネはものすごく成長しました。チィも、かもしれない。

映画「キングダム」を観た。少年には無限の可能性があり、爽快な気分になった。

映画「キングダム」を観ました。未完の物語の一部は、とても爽快感の残った作品でした。

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」を観た。平成の終わりと、ひとつの区切りと。感謝があふれる3時間

映画「アベンジャーズ/エンドゲームを観ました。こんなに難しいプロジェクトがここまで進められた奇跡と、続いてきた感謝にあふれた3時間でした。

映画「ホイットニー 〜オールウェイズ・ラヴ・ユー〜」を、ひとりの女性の物語として観た

「ホイットニー 〜オールウェイズ・ラヴ・ユー〜」を観ました。ひとりの女性の物語。大きな成功を得たぶん、多くのものがこぼれ落ちてしまうのかな。

「えいがのおそ松さん」を観た。6つ子にまた泣かされた。「おそ松さん」なのに。

「えいがのおそ松さん」を観ました。純粋なものをナンセンスやカオスにくるんでるこのシリーズに毎回泣かされます。

映画「シンプル・フェイバー」のアナ・ケンドリックが出す不思議な味を楽しんだ

映画「シンプル・フェイバー」を観ました。サスペンスなんだけど、独特の味。アナ・ケンドリックの演技が、それを出していました。

映画「運び屋」は、さすがクリント・イーストウッドと思える作品だ

映画「運び屋」を観ました。シンプルなテーマを映画として観ごたえのものにする、さすがクリント・イーストウッド。

映画「女王陛下のお気に入り」を観て感じた、女性が冷静に詰めていく怖さ

映画「女王陛下のお気に入り」を観ました。エマ・ストーン演じるアビゲイルがひとつひとつを詰めていって権力に近づいていくのが怖い。

© 2019 折出賢一のウェブサイト — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑