折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

日記

江戸のポップアート、浮世絵を観てきたよ

名古屋ボストン美術館で開催されている「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」展を観ました。

名古屋ボストン美術館「俺たちの国芳 わたしの国貞」展入口

初代歌川豊国の弟子の、歌川国芳と歌川国貞。江戸時代後期から幕末の浮世絵界のスターだったふたり。物語の一場面を表現したり、歌舞伎役者の顔を描いたり、あるいは、花魁の姿絵を描いたり。

今でいう漫画家やフォトグラファーのような存在でしょうね。当時の浮世絵の価格はそば一杯ぶんだったそうで、みんなが手軽に買えるものだったようです。今なら、コンビニに並んでいる雑誌のようなもの、でしょうか。

サムライブルーの原点か?

国芳の「讃岐院眷属をして為朝をすくう図(さぬきいんけんぞくをしてためともをすくうず)」がありました。3枚でひとつの構図をなしているこの絵は、ちょっと離れて観ると立体的にみえてくる。

この絵の他にも物語の一場面を表現しているものがありましたが、印象に残ったのは色合い。藍色を基調にしたものが多かったんです。

ふと「サムライブルーだなあ」と思いました。サッカーの日本代表のユニフォームは青を基調にしている。国旗の色からすれば、赤だと思うんだけどね。

なぜユニフォームが青なのか理由ははっきりしないようですが、ひょっとすると江戸時代の浮世絵の色づかいが、日本人の意識に入っているのかもしれないね。

この構図でトレーディングカードができたら、おもしろそう

歌舞伎役者の姿絵もありました。今だと、ブロマイドやグラビアポスター、トレーディングカードのようなものですよね。

お気に入りの役者を買ってたんだろうなあ。5枚で1セット、なんてものもあって、当時でも「コンプリートしたい」って思ったんだろうなあ。

もちろん「コンプリート」なんて言葉は当時はなかっただろうけど。なんて言ってたのかな。「昆符離位等」かな。そんなわけないか。

こういうの、プロスポーツでも取り入れればいいのにね。サッカーだったら、ディフェンダー4人ぶんでディフェンスラインを作ってる、とか。並べたらあら不思議、立体的な構図になっている、っていう感じで。単に選手の写真をカードにしているよりも、おもしろいと思うよ。

歌舞伎のことが分かってると、もっと楽しめたな。どっかで歌舞伎に触れるタイミングはないかなあ。

-日記
-, ,