折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

x 日記 映画

重厚な造りを、現代風にリフォーム ―映画「007 スカイフォール」

2013/04/04

ミッドランドスクエアシネマで「007 スカイフォール」を観る。しょせん去年から映画を観始めた身なので、007シリーズをちゃんと観るのはたぶん人生初。テレビやビデオ、DVDでも観た記憶がないくらい。そんなボクが観た感想は、重厚な造りの家を、現代風に住みやすくリフォームした家に住んでいる感じ。

007 スカイフォール - オフィシャルサイト

MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、NATOの諜報(ちょうほう)部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールに降り立つ。その組織をあと少しのところまで追い詰めるも、同僚のロンソンが傷を負ってしまう。上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にとの指令が入り、後から駆け付けたアシスタントエージェントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、敵を追跡するボンドだったが……。

引用元:映画『007 スカイフォール』 - シネマトゥデイ

観始めた時には「なんだこりゃ?」という感じを正直持ちました。それは007シリーズたらしめるものなんだけど、2年前からいろんな映画を観始めた身としては正直、古さを感じる。007シリーズはこの「らしさ」を、今の時代にどう落とし込んでいくかが大変になっている作品なんですね。

でも、この作品はその答えもちゃんと示してくれている。しかも、とてもインパクトのある演出で。ただ、これが今度は昔からの007ファンがどう観るかは分からない。そのくらい難しいことをしていると思います。

現代に007がいなければならない意味を明確にし、さらに、これからも作品をつくっていくという決意を感じました。古い家を住み心地のいいものにするには、かなり繊細な技術が必要だなあ。

-x, 日記, 映画