折出賢一のウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

Category

映画

映画「焼肉ドラゴン」を観て、家族同士が会えるのって、当たり前じゃないことに気がついた

映画「焼肉ドラゴン」を観た。家族同士、顔を合わせられなくなることだってある。そういうこと、恵まれていて忘れていた。個人的には、大泉洋とハン・ドンギュの共演がおもしろかった。

映画「OVER DRIVE」に必要なのは、新田真剣佑さんだ! いなかったら、全然違う印象になったに違いない!

映画「OVER DRIVE」で、檜山直純を演じている新田真剣佑さん。この演技が見事で……! 彼が演じていなかったら、全然違う印象だった!

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」は、壮大な物語のひとつのピース

映画「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」を観ました。この作品単体では語れない、壮大な物語のひとつのピースでした。あとから情報を仕入れるほど、魅力が増すストーリー。

映画「ワンダー 君は太陽」の主人公は少年だけじゃない!

映画「ワンダー 君は太陽」は、最初に思っていたのと違い、主人公の少年以外にもスポットライトが当たっていた。それぞれの心の内を描くことで、全体のストーリーが立体的になっていて、とてもよかった。

映画「世界でいちばん長い写真」を観たら、誰もが思い出す当時のこと。個人的には、より鮮明に。だって、ロケ地が同じだもん

映画「世界でいちばん長い写真」は、その時を通り過ぎた誰もがそこへタイムトリップすることができる。武田梨奈さんが演じる温子が、高校生から憧れられる大人のおねえさんで、よかった。

映画「ゲティ家の身代金」を観た。これが金持ちの考え方か……。

映画「ゲティ家の身代金」を観た。金持ちの考え方は独特だ。それは、金を集めることに苦心したからこそ達したものだ。引き換えに、失ったのはいわゆる一般人の考え方だ。

映画「恋は雨上がりのように」は、40代でも「いい話だな」と思ったよ

映画「恋は雨上がりのように」は、40代の男が観ても「いい話だな」と思いました。いや、40代の男だから、正己とちひろのシーンをいいと思ったのか。

映画「万引き家族」を観て、福山雅治さん主演の「そして父になる」の味が頭の中によみがえってきた

是枝裕和監督の映画「万引き家族」を観て、前作の「そして父になる」を思い出した。味わいは違うけれど、どちらも濃密な人間関係の話で、それは家族という形態だけが作られるものではないということだ。

映画「万引き家族」はなんでこんなにあったかいのか。役者陣のもつ空気感かもしれない

映画「万引き家族」を観た。この「家族」は、なんかあったかい。それは役者陣が持つ空気感が大きい。普通でない空気が、普通でない「家族」を成立させているのだろう。

© 2018 折出賢一のウェブサイト — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑