折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「ドクター・ストレンジ」を観た。すべてを失った男のリスタート、その序章だ

2017/02/07

109シネマズ名古屋で「ドクター・ストレンジ」を観る。すべてを失った男が生きる目的をみつけたという、序章に過ぎない。

「ドクター・ストレンジ」サイトトップページ

ドクター・ストレンジ|映画|マーベル|Marvel|

ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)は、天賦の才能を持つ脳外科医として名をはせていたが、ごう慢さが玉にきずだった。彼は地位も名誉もリッチな生活も手に入れていたが、交通事故によって全てをなくしてしまう。神の手と崇拝された両手の機能を取り戻すため、高額な治療を繰り返すが……。

引用元:映画『ドクター・ストレンジ』 - シネマトゥデイ

すべてを失い、生きる目的をみつける旅

欲しいものはすべて手に入れてきた、と言ってもいいドクター・ストレンジ。それが事故をきっかけに、少しずつ手放すことになっていく。

徐々に描かれていっているので気がつかないかもしれないけど、この転落っぷりはゾッとする。自分がアクシデントに遭ったら…過去にしてきたことにしがみついてしまうだろうか。

事故の後にドクター・ストレンジが、なんのために生きるのかを模索する旅にもみえた作品でした。

時間や空間がねじ曲がるの、ここまで表現できるんだなあ…!

この作品を観たいなあと思ったのは、時間や空間をねじ曲げた映像の素晴らしさ。予告編でこれだったら、本編はもっとすごいだろうと思って、IMAX 3D で観ました。

やっぱり、3Dで観ると奥行きも加わっておもしろかった。絵画で錯覚を使ったものがあるけど、それを思い出した。

アベンジャーズの中でも、ジョーカー的キャラクターなんじゃない?

さあ、ドクター・ストレンジがアベンジャーズにどう関わっていくか。そっちも楽しみ。ボクは思いました。ハルクに次ぐ、ジョーカー的なキャラクターだと。彼が出てきたら何でもアリになりそう。それをどうチューニングしてくるかな。

-映画
-, ,