折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

日記

レクバレーの実況で分かった。この方法で間違いない

2016/04/28

レクバレーの実況をしました。「レクバレー」なんてスポーツ、ほとんどの人が「なにそれ?」って思うでしょうね。

レクバレーは、レクリエーションバレーボールの略称。名古屋市が1964年に考えたスポーツ。ルールはバレーボールとほぼ同じだけど、スパイクは禁止。だから、ブロックも禁止。

バレーボールは3回で相手コートに返すけど、レクバレーは4回。しかも、4回の中で同じ人が2回、ボールに触ってはいけない。

スパイクができないぶん、パスアタックという概念がある。両手でアタックをしなきゃいけない。しかも、鋭く落ちるものは禁止。みんながボールを触り、ラリーが続くようにルールが考えられているものが、レクバレーなのです。

その大会があって、実況をしたんですが、ああ、ボクはこの方向で実況をしてきて間違いなかったんだな、と思えるものでした。

スポーツアナウンサーとしての訓練を積んできていないし、限られたマンパワーしかない制作現場の中で編み出した、自分なりの実況。これを見つけたから、いろんな種目ができるようになったのかな。

でなきゃ、ひとつの種目をじっくり追いかけられないこんな状況で、スポーツ実況なんてできないもの。とはいえ、間違っていないか確認する方法はなかったんだけど、レクバレーの実況で分かった。こっちで間違いない。正解ではなく、いくつもある道のひとつ。

守山スポーツセンターの天井

-日記