折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

x ニュース 日記

水金地火木、どってんと転んだ冥王星

常識っていうのは、ある時から全く変わっちゃうんですねえ。
国債天文学連合(IAU)が惑星の再定義をして、
太陽系の惑星から冥王星を外す案を可決して、冥王星が
1930年に発見されて以来の惑星の地位を失いました。
冥王星にとってみりゃ、それまで住んでた地域から
追い出された形でおもしろくないでしょうね。
もともと、冥王星の衛星だった「カロン」、
火星と木星の間の「セレス(ケレス)」、それに
「2003UB313」の3つを惑星に入れるかどうかを話し合う
ものだったんだけど、まさかの形で冥王星までも
惑星から外れちゃいました。

そこでいろいろ考えまして。前に経済アナリストの
森永卓郎さんがラジオ番組で「カロン」や「セレス」を
商標登録してみたら? と、たぶん半分冗談で言ってたものが
パーになっちゃった、とか、冥王星って、プルートでしょ、
じゃ、冥王せつな、またの名をセーラープルートの立場は
どうなっちゃうんだい? 外部太陽系三戦士から除名? とか、
ま、そもそもセーラー「ムーン」自体が惑星じゃないから、
今さら冥王星が矮惑星(わいわくせい)になったところで、ま、
そっとしとけばいいのかな、とか、ほか、いろいろ。

…こんなこと書くためにどれだけ Wikipedia を参考にしたか!
ちなみに、ここで決まった惑星の定義は「太陽の周りを回り、
十分重いため球状で、軌道近くに衛星を除く他の天体がない天体」
だそうです。

-x, ニュース, 日記