折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「SING/シング」を観た。こんなに泣くとは思わなかった

2017/03/26

109シネマズ名古屋で「SING/シング」を観る。人間が演じないので、純度が高くなり、結果、観てるこっちは泣きっぱなし。

「SING/シング」サイトトップページ

映画『SING/シング』公式サイト 大ヒット上映中!

劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストをプロデュースしようと考える。感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。

引用元:映画『SING/シング』 - シネマトゥデイ

ロジータ最高! 表情や生き方に心打たれた

「今のCG技術は、かなりリアルな描写ができるよね。じゃ、動物を擬人化させて、それに歌わせたらおもしろいんじゃない?」という企画でつくられたんじゃないか、と思ってしまう。結果、それが大成功! 現実にはありえないんだけど、でもどこかに、そんな世界があるんじゃないかと思ってしまう。違和感がないので、キャラクターにスッと感情移入できた。

ボクが一番最初に感情移入したのは、ロジータ。本当はやりたいんだけど、でも…という境遇に心打たれた。…いや、違うな。きっと妙に色っぽかったからだ。家庭のために尽くして…って書くと今は怒られそうな時代だけど、ホントに毎日を懸命に生きているんだよ、自分の夢を押さえて、家庭のことをやってるんだよ、ロジータって。

いつの間にか年を取ったってのが、ロジータのシミに現れててさあ…しかし、そんなところまで描きこむとは! 微妙な表情にやられた。そんなふうに繊細な表情が描けるくらい、CGアニメの技術は発達したんだなあ。

日本のポップも、世界のカルチャーの一翼を担ってるね

レッサーパンダのキューティーズは、J-POP が大好き。日本語しか分からないという設定だけど、片言の日本語なのが気になった。日本人にしてしまえばよかったのに。

というのも、バスターがやってしまったことが、流暢な日本語を話しているキャラクターだったらもっと際立ったんですよ。十分おもしろかったけどね。あの設定だと、キューティーズもどこかアジアっぽくみえてくるから不思議。

泣きっぱなし。人間が演じないから、純度が高いのだろうか

冒頭から泣きました。なんでこんなところでと思ったんだけど、夢に蓋をして生きている人たちに見えたからかな。みんな一生懸命に生きてるんだなあ…と思ったら、文字通り涙が止まらなくて。

そして、クライマックスのステージ。いいところで客席からグーッとステージに向かっていくカメラワークで、また涙が止まらない。演出にまんまとはまってしまったのです。

そりゃ、アニメーションという「完璧なタイミングがとれるエンタテインメント」でライブをやられたら、盛り上がらないはずはない。心が動かないはずはない。人間が演じないぶん、感情の純度が高くなるのだろうか。

音楽の数だけ、人は勇気づけられるのかも

それにしても、オーディションのシーンで感じたのは、この世には本当にたくさんの歌のジャンルがあること。そして、そのジャンルの数だけ、音楽との関わり方があるんだなあ。音楽がなくてはならないものだということが、ちょっと分かった気がした。

-映画
-