折出けんいちのウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画

映画「007 スペクター」を観た。これが本来のボンドの姿なのか?

2015/12/30

109シネマズ名古屋で「007 スペクター」を観る。「スカイフォール」をイメージしてたら違った。思ったよりも華やかな007。いや、これが007なんだろうな。

「007 スペクター」サイトトップページ

ストーリー - Spectre

ボンド(ダニエル・クレイグ)は、少年時代の思い出が詰まった生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取る。彼はM(レイフ・ファインズ)が止めるのも無視して、その写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる。死んだ犯罪者の妻ルチア(モニカ・ベルッチ)と滞在先で巡り合ったボンドは、悪の組織スペクターの存在を確信する。

引用元:映画『007 スペクター』 - シネマトゥデイ

観ていて戸惑うくらい、ボンドが強い。この戸惑いは前作の「スカイフォール」で描かれたボンドにクールな印象を持っていたからだ。

なので、最初はちょっと戸惑った。こんなに女の人が周りにいたっけ? と。ホントはそっちの方が007シリーズなんだけどね。

セリフにもユーモアがあるし、ボンドカーも登場するし、そうなんだ、これが007シリーズだと感じました。なんてったって、ボクは007シリーズは「スカイフォール」とこの作品しか観てないもの。

2015年は観ていてスカッとするタイプの作品が多かった。去年までは内面をえぐっていくような作品が多かったんだけど。この作品も観てスカッとするタイプのほう。リアリティがないと一蹴されていた時代を経て、また変わってきているのかな。

-映画