折出賢一のウェブサイト

名古屋を中心に活動する、ラジオパーソナリティー/スポーツアナウンサー/声優/朗読家。

映画「旅のおわり世界のはじまり」の前田敦子さん。葉子を演じられるのはこの人しかいないんじゃないかなあ

映画「旅のおわり世界のはじまり」を観ました。葉子を演じられるのは前田敦子さんしかいない、と思うくらいのハマり具合。大きな変化はないけれど、内面の成長があった彼女を最後までドキドキしながら観ていました。

吹替版で観た2回めの映画「アラジン」は、いろんなことが分かってずっと泣きっぱなし!

アニメ版を何度も観て臨んだ2回目の映画「アラジン」は、いろんなことが分かって泣きっぱなしでした。

映画「アラジン」を観ました。アラジンの魅力がなくなっていくのは、自分を偽り出してから

映画「アラジン」を観ました。どんどん魅力がなくなっていくアラジンは、自分を偽って過ごすこととリンクしている。そして、2019年版のジャスミンはこれからの子供たちが憧れる存在になることは間違いない!

映画「海獣の子供」の映像美で感じた、壮大さと小ささ

映画「海獣の子供」を観ました。美しい映像とともに感じる、自然の恐怖。そんな広大なものの中にいる、とても小さな自分。

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」には、どのくらい過去作品への敬意が入っているんだろう

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」を観ました。過去作品を観ていないので分かりませんが、それでもひとつひとつのシーンや音楽からゴジラ愛が伝わってきました。

映画「名探偵ピカチュウ」には、ポケモンで遊んだ人たちの夢が詰まってる

映画「名探偵ピカチュウ」を観ました。ポケモンで遊んだことがあり、ハマった人なら思う「こんな世界があったらいいな」が詰まっている作品でした。

グランパス、松本山雅のカウンターを受け、2019シーズンホーム初黒星

J1第13節、名古屋グランパス対松本山雅FC戦を実況。松本山雅のカウンターがきれいに決まって、1対0。グランパスは今シーズンホーム初黒星。

映画「空母いぶき」を観ました。フィクションだから描ける着地点。だからこそ、現実のことを考えずにはいられない

映画「空母いぶき」を観ました。広報担当の自衛官、いい働き! フィクションだからこそ、こういうふうに描けたんだ。でも、だからこそ「現実に起こったらどうなるんだろう……?」と考えずにはいられない。

映画「ザ・フォーリナー/復讐者」を観た。エゴのぶつかり合い。でも、クァンのそれには、大きなものへの怒りが

映画「ザ・フォーリナー/復讐者」を観ました。みんなエゴで進むストーリー。ただ、クァンのそれには同情せずにいられない。やっと得たものを壊されたのだから。

« Older posts

© 2019 折出賢一のウェブサイト — Powered by WordPress

Theme by Anders NorenUp ↑